Twitterで見かけた『何の冗談?』ってなる異彩を放つ"呟き"!


■「表現」の仕方は意外なもので。

先生「今日はリレーの練習をしました。息子くん、すっごく走るの速かったです!」
私「それは意外な」
先生「3歳だと手足をばたつかせながら走る子もいるんですけど息子くんはすごくフォームがぴしっとしていて、トム・クルーズみたいでした!」
私「トム・クルーズ」
息子「トム・クルーズ」

友人「職場のおっさんに「女が化粧するのは男からちやほやされるためなんだろ」って言われてさ」私「なんて答えた?」友人「『違います、部族が戦いに行くために化粧をするのと同じです。自分を強そうに見せる威嚇です』って答えた」私「おっさんなんて言ってた?」友人「『お、おう…』」お、おう…

威嚇w

■知らず知らずの「珍行動」

冷凍庫に入れたままの麦茶を飲んでみたら…

帰宅ワイ『おっ朝冷凍庫入れたまま忘れてた麦茶あったわ 凍ってるかな?』

ワイ『おっ、凍ってない セーフやんけ‼︎(麦茶グビー)』

置いた麦茶のボトル『すまんな 過冷却やで(一瞬で凍る)』

ワイ『(興味本位でジャンプ)』

ワイ『ああああああ!!!!(胃の中で過冷却)』

???「浮気を旦那さんにバラされたくなかったら、奥さん、わかりますよね・・・?」
おそらくわかってない奥さん「クッキングバトル・・・ですか」

クッキングバトルw

■心を軽くする「事実」

麻薬犬に入国検査で吠えられてしまって…

ちなみに私はメキシコで入国検査で麻薬犬にワンワン吠えられて、手荷物もトランクも、化粧ポーチとかまで全部開けられて調べられました。で、原因は成田エクスプレスの中で半分だけ食べて手荷物バッグの中に放り込んで忘れていた成城石井のチーズパン……。麻薬犬、お腹減ってたんや……。

ある事実が常に僕の心を軽くしている…

Amazonで10万ちょい出せば嫌いな人間に腐葉土を1トン送りつける事ができるという事実が俺の心を軽くする。

1トンw

■言ってることが「クレイジー」

「夜9時に電話しても取らなかったけど?」
俺「弊社は19時までの営業となっておりますので」
「夜の9時までだろ?1分も過ぎたらダメなのかおたくは」
俺「弊社は19時、夜の7時までの営業t
「19時つったら夜の9時だろうが!小学生でも知ってるぞ」
と言うクレームを頂きました(白目)

彼女「試したいことがあるからぎゅってさせて」
僕「うん」
彼女「ぎゅう!」
僕「…」
彼女「ダメか!ぎゅうう!」
僕「…」
彼女「くぅ…力が足りないかも!ぎゅううう!」
僕「…」
彼女「クソッ!諦めない!あと少しのはず!」
僕「さっきから何がしたいの?」
彼女「お前の肋骨折る!」

予想外の肋骨w

■ずっと考えても「わからない」

6歳の息子が「ドーナツはたべてもなくならないんだよ。穴がのこるんだよ」と、突然哲学的なことを言い始めたので朝からドーナツのことずっと考えてる。

読んでる本がちょくちょく”ある用語”を出してきて…

今読んでる本に「勘のいい読者はもうお気づきでしょうが」っていう文句がちょこちょこ出てくるんだけど、おれ今のところ一回も気づいてたこと無し。

なんかそれわかるw

■今日のハイライトは「一大事」

色んな事があったけれど今日の出来事ははじめてで…

母さん。上京して25年経ちました。色々な事がありました。これからも色々あるでしょう。でもこれは想定外でした。服装が似ていたのだそうです。そう言った彼らは終始腰が低く丁寧で僕は心の中で彼らに「お疲れ様」と言い、何事もなく別れました。母さん。僕は今日、初めて職務質問されました。

バスに乗ってそうそうに「オオオォォ」と言いながらよろけた婆ちゃんがそこから「オオオォォ」といいながらピンボールのごとく左右にぶつかりながら座席に落ち着いて「アー いち大事」と言った

匠の技w

-未分類

×
CLOSE
CLOSE