AppleやLINEも…知っておくと良い「詐欺メール」の見分け方


・最近LINEやApple公式を語る詐欺メールが増えている

メールの件名は「2段階パスワードの設置」となっており、安全のための2段階認証をさせるように見せかけている。

今回新たに問題となっているメールは、URLが埋め込まれたHTMLが添付されており、このアドレスを押してしまうことでフィッシングサイトへ飛んでしまうという仕組み

メールの件名は「あなたのアカウントは一時的に無効になっています」で、本文は「お客様のアカウント情報の一部のデータが不正確または確認されていないようです」と、別リンクからアカウント情報の確認(ログイン)を要求するもの。

また「24時間以内に返信がない場合、そのアカウントは無効になります」といった文章に、最後には「Apple Support」やAppleのコピーライトまでが表記されています。

・フィッシング協議会の報告では?

・そんな詐欺メールを見分ける方法

的確なセキュリティ対策を導入し、注意深く観察すれば、真贋を判別することはある程度可能

見た目や文章が公式のようでも、心当たりのない内容や少しでも怪しさを感じるメールの場合はすぐにリンク先をクリックせず、メールアドレスやリンクURLの確認

・みんなが実践している詐欺メールの見分け方

Appleを名乗る詐欺メール。日本語がおかしいので気がつくとは思うんだけど、リンク先のAppleのサイトがよくできてて一瞬あれ?ってなった。みなさん気をつけて。アドレスがおかしかったりするので確認確認。 pic.twitter.com/scQOZIoK7F

「日本語がおかしい」が結構ありました。

メールに アップルから 不正があったから確認してくれとかいうのが来てた これ多分詐欺だな 日本語がおかしくなかったら危なかった

・リンク後、アドレスが正しいか、確認する癖をつける。
・ブックマークから該当サイト飛んで確認するってクセ付け

対詐欺メール対策保安委員会会長(嘘)としてはアドレスのドメインとURLだけで見抜けなかった事ないからあまり心配はしてない
逆に本物を疑っちゃう時もある

HTMLタイプのメールの場合、表記のリンクアドレスと実際のリンクアドレスは変えることが出来、詐欺れるので、引っかからないようにご注意ください。
リンク後、アドレスが正しいか、確認する癖をつけましょう。

詐欺なりすましフィッシングとか色々増えてるし、メールのURLからじゃなくてブラウザとかのブックマークから該当サイト飛んで確認するってクセ付けとくといいかもね。
サイト誘導しようとしても正規サイトへのブクマから飛ばれたら誘導のしようがないし(基本的には

・詐欺メールを疑ったら検索する癖を付ける

-未分類

×
CLOSE
CLOSE