[4週連続パイレーツオブカリビアン記念] 実在した海賊のトリビア


海賊とは?

海賊(かいぞく)とは、島嶼や沿岸を根拠地として武装した船舶により海洋を横行し、武力を用いて航行中の船舶や沿岸の部落から収奪を行う組織のことである。

海賊旗(ジョリー・ロジャー)

海賊の黄金時代

アマロ・パーゴ。海賊の黄金時代の最も有名な海賊の一人。

「海賊の黄金時代」は後世になってから使われるようになった言葉で、初出は1894年である。広義には1650年から1730年までをいい、3つの時代に分けられる。

1. バッカニーア時代(1650年 - 1680年頃) - イギリス人やフランス人の船乗りがジャマイカ島やトルトゥーガ島を拠点に、カリブ海や東太平洋を周航しスペイン植民地を攻撃した時代。

2. 海賊周航時代(Pirate Round, 1690年代) - バミューダ諸島や南北アメリカ大陸から長距離航路に乗り出し、インド洋と紅海のムスリム商船や東インド会社の船を襲った時代。

3. スペイン継承戦争以降の時代(1716年 - 1726年) - スペイン継承戦争が終結して職を失ったイギリス人、アメリカ人の水夫や私掠船員が海賊に転じ、カリブ海、アメリカ大陸東岸部、アフリカ西岸を襲撃した時代。

現代人の海賊のイメージの多くは、あまり正確でない場合もあるが、これら海賊の黄金時代に由来するものである。

この時代に海賊行為が発生した要因としては、各海域からヨーロッパへ輸送された高価な貨物の量が増加したこと、ヨーロッパ諸国の海軍が特定の海域で減少したこと、船乗りたちが海軍(特に英国海軍)で訓練を受けて経験を積んだこと、海外植民地の統治体制が非効率だったことなどが挙げられる。

財宝を巡って争う海賊(ハワード・パイル)

この時代、植民地の軍隊は海賊と絶えず交戦しており、いくつもの著名な戦闘や関連する事件に巻き込まれた。

バッカニーア時代

数名の歴史家は海賊の黄金時代を1650年頃に始まるとしている。

その頃、宗教戦争が終結したことでヨーロッパ諸国は各々の植民地開発を再開し、それによって海上交易が盛んになった。

そして新大陸の植民地から大量の富が生み出され(言い換えれば収奪され)、その多くが船で運搬された。

カリブ海のバッカニーア"(ハワード・パイル)

バッカニーア(buccaneer)はカリブ海を中心にスペインの植民地および商船に攻撃を加えた無法者集団で、「バッカニーア」という言葉は、狩った獲物の干し肉を作るのに彼らが用いた道具「ブカン」に由来するという。

本人達は「沿岸の義兄弟」を称していた。

早くも1625年に、フランス人のバッカニーア達が当時ほぼ無人だったイスパニョーラ島北部(現在のハイチ)に根城を築いたが、当初彼らは盗賊というより猟師として生活していた。

彼らが徐々に職業海賊に転身していったのは、バッカニーアと彼らの獲物である野生化した牛や豚を根絶しようと、スペイン人がイスパニョーラ島に攻撃を仕掛けたからだった。

トルトゥーガ島(スペイン語: Isla Tortuga)は、カリブ海北部ハイチの島。
フランス語の名称はトルチュ島(Île de la Tortue)、ハイチ語ではラトーチュ(Latòti)。

バッカニーア達はイスパニョーラ本島からもっと守りやすい沖合のトルトゥーガ島へ移住したが、そこは資源が不足していた。

生きるため、そして恨みを晴らすためにバッカニーアはスペイン人に対し略奪に乗り出したのである。

アレクサンドル・エスケメラン(バッカニーアであると同時に歴史家で、彼の記録はこの時代の海賊の貴重な史料となっている)によると、スペインへ帰る途上のガレオン船を初めて攻撃したのはピエール・ル・グランだという。

スペインのガレオン船、デューラー画

トルトゥーガ島には一種の海賊共和国が築かれ、独自のルールで海賊たちは島を統治した。

トルトゥーガ島の評判が広がると、フランス人のみならずカリブ海から様々な国籍、人種のならず者どもが集まるようになった。

スペイン軍はたびたび大艦隊を派遣してバッカニーアを追い散らしたが、艦隊が帰ると彼らはすぐに島に戻ってしまった。

1655年にイギリスがジャマイカ島を占領すると、トルトゥーガ島を拠点とする海賊行為はさらに増加した。

初期のジャマイカ総督達はトルトゥーガ島のバッカニーアやイギリス人に進んで私掠免許を発行した。

また、ジャマイカ島の当時の首都ポートロイヤルは戦利品を売り払うのに非常に都合が良かった。

ポートロイヤルには酒場や娼館などが立ちならび、海賊たちは稼いだ金の大半をそこで浪費した。

ポート・ロイヤル(Port Royal)は、17世紀のジャマイカの海運業の中心地。

ジャマイカはパナマ地峡やキューバなどの中間点にあり、カリブ海の貿易にとって理想的な位置にあった。

1660年代には、新たなトルトゥーガ島総督ベルトラン・ドジェロンが同様の委任状をフランス人植民者やポートロイヤルのイギリス人の殺人犯に与えた。

これらの条件によってカリブ海における海賊行為はピークを迎えたのである。

この時代に活躍した海賊には、1666年にマラカイボを襲撃したフランソワ・ロロネー、一介のバッカニーアからジャマイカ副総督に上り詰めたヘンリー・モーガンなどがいる。

フランソワ・ロロネーのイラスト。1684年出版のThe History of the Bucaneers of America(アメリカ海賊史)より

ヘンリー・モーガン

パナマ市を陥れた偉大なバッカニーア。

イギリス本国で処刑されるはずだったが逆に騎士叙任を受けてジャマイカ副総督に就任した。

元海賊船長としては珍しく、1688年に自然死した。

海賊周航

1690年代が始まると同時に、バッカニーア時代の終わりに苦杯を舐めたイギリス人やアメリカ人の海賊の多くが財宝を求めてカリブ海の外に目を向け始めた。

バッカニーアの没落には多くの理由があった。

トルデシリャス条約の条文

イギリスでスチュアート朝が崩壊したことで昔ながらの英仏の対立が再燃し、英領ジャマイカと仏領トルトゥーガの共同関係が崩れたこと、1692年の地震でポートロイヤルが壊滅し、略奪品を捌く市場が失われたこと、カリブ海植民地の総督たちがそれまでの「(トルデシリャス条約で引かれた)本経線を越えて平和なし(No peace beyond the Line)」という政策を放棄しはじめたこと(この政策がとられているうちは、ヨーロッパで平和条約が締結されていても新大陸では戦争が続いていると考えられていた。そのため私掠免許状が発行されていたのだが、これ以降は免許状の発行はヨーロッパでの戦争中に限られるようになり、締め付けは徐々に強まっていった)などがあげられる。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE