運転前には飲んではいけない??知らなかったノンアルコール!!


アルコールが検出された!!

横転した軽乗用車にいた白男川亜弥容疑者(23)は基準値の4倍近いアルコールが検出され、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

「飲んだのはノンアルコールビールだった」と容疑を否認しています。

ノンアルコールビール15本飲むと4倍のアルコール濃度が出ると想定して、15本を何時間で呑んだのだろう

@eiichi1043 @YahooNewsTopics お腹ガボガボになりますね。でもノンアルコールで反応が出るなんて驚きです

アルコールは入っていないんじゃないの?

「ノンアルコールビール」と聞くと、その名の通り、アルコールを全く含んでいないビールだと思ってしまいませんか?

酒税法では、「ビールテイスト飲料」の中で、アルコール分1パーセント未満のものなら、「ノンアルコールビール」と表示することができます。

「アルコールを限りなく減らしたドリンク」と言われるのはその意味で、アルコールが微量含まれていることがあります。

人によっては飲酒運転になる?

アルコールの処理には個人差があり、すべてのノンアルコールビールがアルコール0.00%というわけではありませんので、1%未満のものを飲むと、体調や体質によっては酒に酔ったような状態になる人もいます。

多量に飲んで体内のアルコール濃度が通常以上になれば「飲酒運転」になります。

アルコール度数5%のビールを大瓶1本飲んだとします。体内でアルコールを分解させるのに大体、3時間程かかるとされています。そうなると、同じ量のアルコール度数1%未満のアルコールを飲んだとします。アルコール分解に40分程、0.5%のアルコールで20分程の時間が必要になるのです。

運転前は飲むなら0.00%を選ぼう!!

キリンフリーを飲んだあとに運転しても大丈夫ですか?
アルコール0.00%の炭酸飲料ですので、問題ありません。また、警察庁科学警察研究所の論文を参考に、運転シュミレータでの実験を行い、運転能力に影響がないことを確認しております。

「オールフリー」をドライバーの方に提供しても問題ありませんか?
アルコール0.00%のノンアルコールビールテイスト飲料なので、飲んだ後に運転しても酒気帯び運転にはなりません。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE