美女と野獣の雑学・トリビア・裏設定


アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品

「カールじいさんの空飛ぶ家」がノミネートされるまでは、この作品が唯一であった。
また、作曲賞と歌曲賞を受賞した。

たてがみはライオン、頭と髭はバファロー、眉毛はゴリラ、目は人間、牙はイノシシ、体は熊、足と尻尾はオオカミがモデルになった。

1930年代から1950年代の時点ですでに「美女と野獣」の映画化を考えていた。しかしクリエイターや脚本家たちは原作の物語が映画化に向いていないと難色を示し、何度もボツになった。1988年にはディズニーはイギリス人の監督、リチャード・パーダムを起用し、制作に取り掛かったがデモ映像はダークなイメージが強く、18世紀のフランスを舞台にしたものだった。ディズニー側はミュージカルの要素を含めることを要求したが、リチャード・パーダムがこれに反対し、監督を辞任。結局再びお蔵入りとなった。

「ベル」とはフランス語で「美しい」という意味

これは彼女がどれだけ浮いていた存在だったかを強調するための演出だという。ほかの村人はほとんどが薄暗い色の服を着用しているのが分かる。

美女と野獣が日本で公開された際のベルの年齢はパンフレット表記では18歳でしたが、近年のブルーレイ等の解説書には15歳と記載されています。

森の中のシーンで、一瞬だけ「バンビ」のお母さんが登場する

1998年、ディズニーの関連会社が発売したパソコンゲームの中で、野獣の人間体はアダム王子と明記され、日本でもこの情報を基にアダム王子の名が記載されたことがあるそうです。
しかし、DVDの特典に当時の設定資料画が入っており、人間の王子の資料画には「The Prince」とのみ書かれています。
また、監督達のDVDコメンタリーでも、王子に名前がないことを示唆する発言を彼らがしています。

出典prcm.jp

これは物語の主役が原作では美女側だったのに対し、ディズニー版では野獣側となっているため、野獣の女性に対する対応の成長ぶりと対比する存在が、物語の立ち位置的に必要だったためだったからと言われています。

野獣の人間の姿は彫刻をモチーフにした

映画のDVD特典で、ミケランジェロ・ブオナローティやオーギュスト・ロダンの彫刻を参考にしたというエピソードが紹介されている。

フェザーダスターはミュージカル版『美女と野獣』で「バベット (Babette ) 」と名付けられた。しかし、後に発売されたOVA『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』でこの名称は採用されなかった。このOVAおよび2002年に発売された映画のDVD特典では「フィフィ (Fifi ) 」と呼称された。その他のイベントやキャラクターグッズに彼女が使われるときにはこれら三つの名のいずれかが選ばれるが、その基準は不明。

モーリスが森で迷った時に見つけた標識に書かれているルートに「Anaheim」と「Valencia」が

出典imgur.com

「Anaheim」はディズニーランドがあるところ。
「Valencia」はディズニーのアーティストがたくさんくるところ。

ガストンに憧れてる三人娘の髪型は微妙に変わっている

-未分類

×
CLOSE
CLOSE