社内で評価される人の特徴!「できる人」は普通の人とここが違う


▼ 自分の会社における役割・使命を理解している

会社の目的 → 所属部課の目的 → 自分の目的、という道筋を明確に描くことで、貢献度の高い働き手になれる

優秀な社員とは、まずその会社があなたのポジションについて求めていることや、自分の役割や果たすべき使命を常に理解している

・さらに、自分の業務・キャリアについて「逆算思考」がある

改善や工夫、創造という観点からは、逆算思考のほうが伸び幅が大きいため、「仕事ができる人」ほどやはり逆算思考であるように

▼ 人に対する「気配り」ができている

先回りしてすべて解決した資料が別途用意されている。外堀を全部埋めた上で、「ほかに断る理由はありますか?」と聞いてくるわけだ

・まわりに対して感謝の気持ちを持っている

気配りのプロは、「陰の人」に対する感謝を忘れません

努力をちゃんと見て感謝するという考えが円滑なコミュニケーションを生み出すことにつながり、無駄な妬みややっかみを減らす

人と人との間で共感と信頼を築くために行うのが気配りだと思うんです。民間の経営も、行政も、人と人との共感と信頼がなければいい仕事はできません。 【林文子】

▼ 「集中力」が高い

自分のペースで進め、自分のやりたいようにできるよう工夫します

なかでも重要なのが「集中力」です。集中力が長く続けば続くほど、効率的に学びが進み、より高い成果が出せるはず!

ディレクターの上司は集中力の塊のような人でした。編集作業をしているときなど、後ろから声をかけても全然気づきません

・集中力を維持するために、オフの時間を大切にしている

適度な「休憩」を入れた方が、脳がリフレッシュされずっと効率的な仕事ができるのだ。たまに外を眺めて深呼吸してみよう

珍しく午前中張り切ったおかげで今日の仕事オワタ感
もうちょっと難儀すると思ったんだが集中力って大事やな

仕事ではたしかに力と体力は大事。だけどもっと大事なのは、疲労や雑念を無視する集中力だ。それがなければ、体力自慢もたいしたことはない。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE