知らなかった…あの名作漫画の「タイトル」に隠された秘話


「タッチ」はあの○○○タッチ

スポーツ漫画の不動の名作として、名前は知ってる人が多いかも

スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也

幼馴染の浅倉南のことが大好きで、浅倉南のために甲子園を目指していたが、高校一年の夏の大会で、不慮の事故によりなくなってしまう

あだちは当時の担当編集者から「人気のあるキャラだから殺すな」とさんざん釘を刺されていながら、原稿を置いて行方をくらました

入稿から2日間行方不明になり、編集部はパニックになったという

和也が死んだ際にはスタッフで和也の告別式が行われ、和也役の難波圭一が弔辞を担当した

どうして弟の和也が死んでしまっても話が続いていくのだろうと思っていましたが、和也から達也へのバトンタッチだった

達也が和也の代わりに朝倉南の夢を叶えるため甲子園を目指すのだが、この選手交代が「タッチ」だった

「NARUTO」に込めた"認めて欲しい"思い

長年にわたって世界中で愛され続けている超名作忍者アクションマンガ

ラーメン漫画は失敗に終わってしまいます

子どもにはウケないという理由で描くことが叶わず

ラーメンの話を担当編集者に認められなかったのがきっかけでマンガ自体「認めてほしい」という願いを込めて作った

岸本先生はマンガのナルトと自分を重ねて描いた

「認めて欲しい」という思いを全力でぶつけている。ストーリーからも読み取れるかも

「AKIRA」は尊敬するあの人から拝借

未来の東京を舞台にした信じられないほどリアルな描写は、世界中の人々をとりこに

大友克洋自身がファンであり影響を受けたと言われている、日本が誇る「世界のクロサワ」こと「黒澤明」に由来して名づけられた

反政府運動、軍のストライキ、人体実験から文明崩壊、崩壊後のサイバーパンク世界と盛り込めるものを全てを盛り込んだような作風はタイトル通り、敬愛する黒澤明の影響かもしれません

-未分類

×
CLOSE
CLOSE