知ってた?子どもには見せられない七夕の真実


7月7日は七夕の日。年に一度、織姫と彦星が会える日です

そもそも七夕とは?

七夕(しちせき、たなばた)は、日本・中国・朝鮮などにおける節供、節日の一つ。日本では明治改暦以降は7月7日、または月遅れの8月7日に多く七夕祭りが行われました。

古くは「七夕」を「棚機(たなばた)」とも表記されていました。今日に至り、一般的に「七夕」を「たなばた」と発音するのはその名残と言われております。 元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、元々あった日本の棚織津女の伝説と合わさり生まれた言葉と考えられています。

元々は中国の行事だったんですね…初めて知りました(⌒-⌒; )

七夕の起源

日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(現在のお盆)に、中国から伝来した女性が針仕事の上達を願う乞巧奠(きこうでん)などが習合したものと言われています。

七夕伝説は『文選』の中の漢の時代に編纂された「古詩十九編(こしじゅうきゅうへん)」が文献として初出とされており、南北朝時代の『荊楚歳時記(けいそさいじき)』、その他『史記』等の中にも記述があります。

『荊楚歳時記』には7月7日、牽牛と織姫が会合する夜、婦人たちが7本の針の穴に美しい彩りの糸を通し、捧げ物を庭に並べて針仕事の上達を祈ったと書かれております。

日本語「たなばた」の語源は『古事記』でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネがきたおりに詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)、または『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」に因ると言われております。

日本では奈良時代に節気の行事として宮中で行われていました。また、萬葉集では大伴家持の歌「棚機の今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年はながけむ」など七夕に纏わる歌が存在します。

本来、宮中行事であったが、織姫が織物などの女子の手習い事などに長けていたため、江戸時代に手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がりました。

手習い事の願掛けとは、昔ならではです。

本題「織姫と彦星」を復習してみよう!

天空でいちばんえらい神様「天帝(てんてい)」には、「織女(しょくじょ)」という娘がいました。織女は神様たちの着物の布を織る仕事をしており、天の川のほとりで毎日熱心に機(はた)を織っていました。遊びもせず、恋人もいない織女をかわいそうに思った天帝は、天の川の対岸で牛を飼っているまじめな青年「牽牛(けんぎゅう)」を織女に引き合わせ、やがて二人は結婚しました。

結婚してからというもの、二人は毎日遊んで暮らしていました。織女が機を織らなくなったので、神様たちの着物はすりきれてぼろぼろになり、牽牛が牛の世話をしなくなったので、牛はやせ細り、病気になってしまいました。

これに怒った天帝は、二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。しかし、二人は悲しみのあまり毎日泣き暮らし、仕事になりません。かわいそうに思った天帝は、二人が毎日まじめに働くなら、年に一度、7月7日の夜に会わせてやると約束しました。

ここまではロマンチックですが…

※ここからが真実

七夕伝説によると、年に一度、7月7日の夜に会うことができる織り姫と彦星ですが、星が実際に移動することはありません。二つの星の間は、14.4光年ほど離れていて、これは、光のスピードでも約14年半かかってしまう距離です。つまり、二人が光のスピードで移動したとしても、一年に一回会うことは、とても無理なのです。

詳しくはこちら!

-未分類

×
CLOSE
CLOSE