怖っ…スマホの「イヤホン」から盗聴されるかも


イヤホンが「盗聴マイク」になってしまう!?

「Speake(a)r」というマルウェアを感染させて、音声出力を音声入力に切り替えてしまう

イヤホン端子にイヤホン/ヘッドホン/パッシブスピーカーが接続されたときにそれをマイクとして利用し盗聴する

イヤホンは音を「出す」ところなのに…なぜ…。

PCやスマートフォンなどのデバイスに搭載されるオーディオチップセットは、音声端子の役割を切り替える機能を搭載している

元々、音声の"出力"と"入力"の機能がついている。

チップの仕様通りに動作しているだけ(ポート1つの入出力を切り替えただけ)なので、防止するのは困難

「パソコン」とかでも同じことが可能

スピーカーしか接続していないPCであっても、音声端子の役割をソフトウェアで変更してしまえば、スピーカーをマイクとしても利用できる

盗聴を恐れてマイクを接続していないようなPCでも、ヘッドホンやスピーカー経由で盗聴を行える

9m離れたスピーカーから発せられた音声も、一般的なヘッドフォン経由で、人間に認識可能なレベルの音質で録音できた

実はこれ、真面目な「実験」でした…

盗聴の注意喚起を目的としてるようです

この技術を使って悪さをするのが目的ではなく、理論を実証するのが目的

イスラエルにある「ベン=グリオン大学」の研究チームが開発した技術。

イヤホンを挿しっぱなしにしている人がいるなら、少なくとも今後は使わないときにジャックを抜く習慣を身につけておくほうが良さそう

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOはカメラとマイクをテープで塞いでいる

カメラとマイクをふさぐことは、従来から基本的な、低コストのセキュリティ対策

原始的ですが、一番効率のいいセキュリティ対策なのかもしれませんね^^;

-未分類

×
CLOSE
CLOSE