得するかもしれない「エレベーター」の裏コマンド


「階数ボタン」のキャンセルができる

まちがえたボタンを「ダブルクリック」すると、あら不思議、点灯していたランプが消える

大体において、ボタンを押し続けるorダブルクリックが設定されている

エレベーターのボタンダブルクリック(?)したら押した階キャンセルされるってのホントだった

とりあえず間違えたら「ダブルクリック」「5連打」「長押し」 それでもだめなら「開」ボタンを押したまま、「階数ボタン」をダブルクリック

1990年以降に作られたエレベーターには、行き先キャンセル機能が省エネ目的で備わっていることが多い

古いタイプは出来ないこともあるそうです。

ゲームコマンドみたいに押せば「時短」できるかも?

やり方は、同時に階のボタンと「ドア閉」ボタンを押すだけ

他階からの呼び出しに応じず目的階まで直行する

マジで!?

エレベーターの扉に大きなガラス窓があって、特急モードで途中階を通過すると、待っているお客さんが不思議そうな顔をしていた

エレベーターの特急モード成功した

ボタンを押すとドアが閉まりはじめます。閉まっているあいだに行先階を押す

ちょっとしたことですが、手順を変えれば少しだけ時短できる。

知ってたら自慢できる?「エレベーターの雑学」

既に客を乗せて走っているエレベーターが他の客を乗せるために停止すると、減速→停止→再加速というステップを踏むことになるので、大きな時間のロスとなる

何も知らず待っているお客はエレベーターが無視して通過している事を知ってしまったら、せっかく効率の良い運搬をしているのに嫌な気持ちにさせてしまう

壁との隙間がほとんど無い空間なので、一気に落ちることになればエレベーターの下にある空気が圧縮されてクッションの役割をする

異常を感知すると、くさびがレールをつかみ、大きなショックを与えないで停止させる仕組みになっています

「非常止め装置」というそうです。

不用意に階数をキャンセルするなど、イタズラ目的には絶対に使わないでください!

-未分類

×
CLOSE
CLOSE