広瀬すずも!?田辺誠一以外にも芸能界の「画伯」が続々誕生してた


・その独自すぎるイラストで「画伯」としても有名な俳優の田辺誠一さん

2011年に、公園で見かけたカッコイイ犬のイラストを、田辺が自身のツイッターにアップしたことが大きな反響を呼び、フォロワー数は4倍に急増。チャリティーグッズやオリジナルLINEスタンプを展開するなど“田辺画伯”の誕生につながった

最初の犬の絵がチャリティーキャラクターグッズや文具シリーズになったり、オリジナルLINEスタンプの制作、さらには個展“かっこいい犬。わんダーランド”も開催と、意欲的に絵の仕事に取り組んでいる

さっき公園でカッコイイ犬を見たんですが、写真を撮れなかったのでイラストを描いてみました。犬に詳しい方、犬種が分かったりすると嬉しいです。 twitpic.com/6r8r32

・が、芸能界には、その田辺さん以外にも多数の「画伯」が存在しているよう

▼広瀬すずさん

女優の広瀬すずが、2016年6月16日にTwitterで公開した自画像風イラストのシュールさが反響を呼んでいる

この日、広瀬は「なんかかけた」とだけコメントを添え、手でスマホに描いたと思われる女の子の絵を公開。上手……とは決して言えないが、Twitterのプロフィール画像も同じものに変えており、本人的には気に入っている様子

ファンからは「あごシャープですね…」「顎鋭っ!!!」「病んでますか?」「え、すずもっとかわいいで」など困惑の声が続々。やはり独特なタッチのイラストからインターネット上で“画伯”と称される俳優・田辺誠一を思い出すユーザーも多いようで、「すず画伯」「ここにも画伯が」というコメントも寄せられた

また広瀬は、2017年5月4日、東京都内で行われたロッテ・ガーナミルクチョコレートの母の日イベントにCMで共演する土屋太鳳、松井愛莉と母親の似顔絵の早描きにも挑戦。絵を披露し「お母さんが、うちで1番外国人みたいな顔をしています」と解説するも、司会者に「絵からは全然、伝わってきませんね」と突っ込まれバツが悪そうだった

▼綾瀬はるかさん

“本能寺の変”を題材にした『本能寺ホテル』のイベントが、2017年1月11日にスペースFS汐留で開催し、主演を務める綾瀬はるかと堤真一、鈴木雅之監督が登壇

イベントでは、綾瀬と堤が綾瀬軍、堤軍に分かれてジェスチャーゲームや絵などで対決する企画を実施。忍者をテーマに絵を描いた綾瀬さんは、「イメージが全然沸かない…」とこぼしながら、本来口元を隠すはずが、目元を隠したシュールな忍者の絵を描いてしまう天然ぶりを発揮

お題の「忍者」をイメージだけで描くという「戦国絵心対決」。美術の成績は10だったという綾瀬と、絵が苦手という堤の対決、綾瀬有利かと思われたが、蓋を開けてみると意外な結果に。なんと綾瀬の描いた忍者は、目にモザイクがかけられているという衝撃的な1枚!衝撃の画伯誕生かと話題になった

▼平愛梨さん

平愛梨が2017年5月12日、自身のInstagramに謎の生物の絵を投稿。かわいらしくもあり、どこか平らしさが感じられるその絵に「画伯・平愛梨」の誕生を予感するファンが続出している

彼女は、「今朝、小鳥のさえずりで目覚め、こういうの憧れてたー!と思い『窓開けようか?』と提案くれたY10さんに『優雅な朝だー!ありがとう』と思いながら時計を見ると『ドゥへ?朝の5時やないかぃ?!』」と、小鳥のさえずりで目を覚ましたものの、思いのほかに早朝であったことを紹介。また、夫について、名前の「佑都」から「Y10」と平らしいお茶目な愛称で表記

問題の絵はそんな投稿に添えられたもので、おそらく早朝にさえずる鳥を想像して描かれたと思われる。丸みを帯びたスタイリッシュなL字型シルエットに、クチバシとつぶらな瞳が描かれ、吹き出しには「チュンチュン」との文字が、極め付きは4本の鳥足…

このアート(?)には「未確認生命体発見!!」「脚4本……怖ッッ」などのツッコミの声や「素晴らしい画力」「これは芸術作品」「画伯だ」と独特の絵に惚れ込むファンもいた

▼内田理央さん

-未分類

×
CLOSE
CLOSE