山下達郎さんが拍手のタイミングがおかしいマナーの悪い客にキレる「ライブは生き物で繊細」


大宮ソニックシティ 大ホール
6/15(木)~6/16(金)

山下達郎さんが拍手のタイミングがおかしいマナーの悪い客にキレる

大宮ソニックシティで山下達郎のコンサートを見てきました。3時間超で大盛り上がりのコンサートでした! pic.twitter.com/xiQS8Lpsov

至福の3時間半でした♪

この人は音の職人の域じゃない。音の魔術師 #山下達郎 pic.twitter.com/qMtVxNGfoM

山下達郎ライブ@大宮ソニックシティ

1998年からツアーごとに1~4回参加してきましたが今日で通算15回目(たぶん)

今日はわりと珍しい回だったと思います

終演は9時55分

#山下達郎 #performance2017 pic.twitter.com/NYWrHZ9FBI

山下達郎さんの大宮公演終了♪
3時間を切ることはできませんでした
3時間20分の素晴らしいパフォーマンスでした
コンサートを観る聴くスタイルはお客さん各自の自由だけど空気を読まないと pic.twitter.com/sA2xt6JGAN

今夜は大宮で山下達郎見てきました。ヽ(^o^)丿
拍手がうるさいお客に達郎プンプン。その曲やり直し&アンコールで1曲追加ありました。(^^; pic.twitter.com/JEScVkml2m

ライヴはやはり偶然の産物。タツローのプロとしての想い、観客に対する想い、そして自身のライヴに対する想いがしっかりと伝わったハプニングがありました。今夜の離脱曲は、会場に居合わせた2500人の想い。 山下達郎/潮騒 youtu.be/sLERfT-Zces

開始から1人だけ雰囲気がおかしい客がいた

難波さんがピアノを弾き始めてるのに1人だけ拍手

MCの途中に謎の拍手

付近にいた人もドン引きするくらい拍手がうるさかった

「潮騒」のイントロの鍵盤で音を外したのが決定的

山下達郎さん「ライブは生き物で繊細」

山下達郎さん「2500人の観客の内2499人に迷惑をかけないで欲しい」

山下達郎さん、次の準備の為にいなかったメンバーを呼び戻して、再度「潮騒」を演奏

山下達郎さん、落ち着いてきた頃には「彼も舞い上がっちゃったのかな」と言ってフォロー

お詫びでLAST STEPを弾き語り

本日の山下達郎@大宮ソニックは圧倒的にマナーの良いお客さんだったが、たった一人の為に空気だ少し淀んだ。しかし、達郎さんの優しさ(と思う)で貴重なライブとなった。行けて本当に良かった。山下達郎とは現役最高の"ロック"シンガーだった。

@i626p_qd ある曲の冒頭で難波さんがピアノを弾き始めてるのに一人だけ拍手し続けたり、、、 mcの拍手するところじゃない様な場所で拍手したり、、、

山下達郎、大宮2日め。これぞライブならではだ。潮騒の演奏後、城北トリオの演奏に移る前に、それまでKYな拍手をやっていた客に達郎さんがお願いというか苦言。他のメンバーを呼び戻して、潮騒をリピート演奏。そのお詫びとして、アンコールのラス前に LAST STEPを弾き語り。

@aoyoriaoshi 私も居ました、達郎の言動に感動しました!
「2500人の観客の内2499人に迷惑をかけないで欲しい‼️」は正論です、達郎流石‼️
でも最終的には全員を幸せにしましたね。

山下達郎live@大宮ソニック!達郎さん珍しくマナーの悪い客に本気の一喝し、潮騒やり直すハプニング!「ライブは生き物で繊細」の言葉にグッと来ました!

ライブ中盤に達郎が所構わず拍手する客に説教してた!
尖ってたぜ!

山下達郎、大宮ソニックシティ3時間半にもおよぶライブ終了。潮騒を歌い終えた後、客に「あなたの拍手のタイミングがさっきからおかしい。ライブは生き物です。」とキレて、仕切り直しということで潮騒を2回歌うハプニングがあった。

@ikumoikuiku そうですね。曲が進むにつれて落ち着いてきた頃には「彼も舞い上がっちゃったのかな」と言ってフォローをしていたので優しいなとも思いましたし。

山下達郎。「潮騒」を歌い終えた後「そこのお客さん、あなた1人でライヴ観てるんじゃないんです。拍手するのもタイミングがありますからね。周りのお客さんが迷惑しますから、お願いします。2499人が迷惑します。1人の為にライヴを潰したくないので」とマジ切れして、再度「潮騒」を演奏。

自分は2階席だったので直接迷惑を受けてはいないが、確かに最初からMCでも曲でもフライング気味に1人で拍手(音もデカい)してる客がいて、達郎も牽制していたが、1時間演って遂に堪忍袋の緒が切れたのかも。ライヴで滅多にそういう事は言わないと前置きしてたから、余程腹に据えかねた模様。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE