富士山をペンキで真っ赤に塗る予定だった!?…Twitterで見るアレソレ雑学


■『料理の品数は奇数がいい!?…縁起にまつわる雑学』■

おからは豆腐を作る際の副産物。食物繊維が豊富。絞りかすを指す「から」に丁寧語の「お」を付けたのが「おから」。しかし、「空」(空っぽの「から」)に通じ、縁起が悪いとして、関東では「卯の花」、関西では「雪花菜(せっかさい、きらず)」(豆腐は切るがおからは切らない)と呼んだ。

茶柱が立つと縁起がいいワケは「珍しいから」 あと柱が立つのが縁起がよいかららしい。

「茶柱が立つと縁起が良い」なんてのは昔の茶屋の宣伝文句。
特に意味があるわけではない。

おせち料理の品数は,奇数にするのが基本
偶数は割りきれるため,別れを連想させて縁起が悪いから
2015/1/1

武士が嫌う魚に「マグロ」がある。本丸の食事でもあまり出ないだろ?マグロは別名「シビ」って言うから、「死日」に繋がるってことで避けられていたんだ。縁起担ぎの一種だね。

雑学bot。大坂→大阪も坂→土にかえる(反)が縁起悪いから。

幕末のころに活躍した狂言作者、浜松歌国(はままつうたくに)の『摂陽落穂集(せつようおちぼしゅう)』の中に、「坂」の字は土に反(かえ)るという意味になるので「阪」と書くべきだ、という意味の一節があるそうです。

「大坂」から「大阪」への変化は、ある日一斉に起こったのではなく、おそらく200年くらいの時間をかけて、ゆっくりと起こったのだと思われます。

■『ペンキで真っ赤に塗る作戦!?…富士山にまつわる雑学』■

第二次世界大戦中にアメリカ軍が本気で考えてた作戦。「富士山をペンキで真っ赤にする」これで日本人の士気を下げようとした

戦時中、アメリカ軍のある「幻の計画」が実行されていれば、私たちは今のような富士山の美しい姿を眺めることはできなかったかもしれないのだ。

静岡県の人口あたりの交通事故数は全国平均の約1.4倍ほどと、かなり高いが、その理由は「富士山が美しいから」だといわれている。

嫌な話だけど…静岡県の人口あたりの交通事故数は全国平均の約1.4倍なんだって。原因は「富士山が美しいから」ということらしい…東名高速道路でも富士山が見える区間は、見えない区間に比べて事故が多いんだってさ。 #雑学 #トリビア pic.twitter.com/UoboMmdhq8

富士山を登頂に成功した人は、かつて御利益を願い噴火口にお金を投げ入れていた。富士山の噴火口は、直径800m、深さ200mもある。この火口そのものが巨大な賽銭箱であった。なお、現在では自然保護の観点から、お金を投げ入れることは禁止されている。

■『なぜ20本入り?…煙草にまつわる雑学』■

タバコを吸うのは、赤ちゃんの時に お母さんのおっぱいを吸っていた快感 が忘れられないから。よく禁煙できない人が「口がさびしいんです」っていってるのは、「本当はお母さんのおっぱいを吸っていたいけどしかたがないから煙草にします」っていう意味

-未分類

×
CLOSE
CLOSE