嗚呼、終わるのか…。iモードケータイ終了が切なすぎる


・iモードケータイが終了する(切ないですね)

ネット上では「時代を感じます…。」、「一つの時代が終わった感」、「ついに出荷自体も終わるか」、「ずっとiモード携帯使ってる親が心配。」といった声が挙がっており、大きな反響を呼んでいる。

▽Twitterの反応

○嗚呼、悲しきiモードケータイの終了…。

iモードのドコモケータイが出荷終了か、なんか寂しいね

うわー去年までiモードユーザーだったから悲しい

iモードなくなるの!?パソコン壊れたり、ネット繋がらない時にとっても重宝していたのに、、悲しい

iモード機種無くなるのは寂しいな。
スマホとの差別化で使ってるけど、これからどうしようかなぁ。いっそのこと通話だけの携帯でいいのでは?私は欲しいし使いたい。

○親が使ってるけど大丈夫か…。

まだiモードが家族に二人いるよ(/。\)

我が家族、私以外全員ガラケiモード…

電話は電話として使えればいいのでiモードのサービスが終わったら…親にいろいろ教えます(笑)

わしの親もiモード携帯使ってる……でもスマホとかに変えたらもっと操作が下手くそになると予想

・iモードの歴史を振り返る

iモードとは、NTTドコモの携帯電話でキャリアメールの送受信やウェブサイト閲覧などができる世界初のサービス。

1999年にiモードが登場する前、携帯電話は文字通り電話するだけのツールであった。

「パケ死」という俗語も誕生したが、特に学生が自分では支払えないほどの高額な請求に慌てるというケースが多く、社会問題に発展した

2005年に,携帯電話機からのインターネット利用者数が,パソコンからのインターネット利用者数を抜いた。

日本では翌年の『iPhone 3G』からソフトバンクの独占販売が始まり、同社のユーザー増に大きく貢献する。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE