右から左へ受け流された…ムーディ勝山の”現在”が話題


■流行り廃りの激しい芸能界

特に「お笑い界」は過酷

YouTubeやSNSの普及などの環境の変化により、芸人の流行り廃りのスパンはどんどん短くなっている。

■皆さんはこの人を覚えていますか?

絶頂期は最高月収が640万円でCMにも10本出演、着うたなどの携帯電話向けコンテンツだけで2億円以上の売上げを記録したという。

■その後は”一発屋芸人”に

1か月全く仕事が無かったこともあったといい、一時は『死亡説』まで流れることもあった。

仕事に行くフリをして、公園でハトにエサをやって時間を潰していたという

■そんなムーディ勝山さんの現在がヤバい…

14日、自身のTwitterでショッピングモールらしき場所でネタをしている写真を公開。

そこには、白いスーツ姿にマイクを持ったムーディを、観客がいないにもかかわらず、警備員が必死に守っている様子が。

ムーディーのそれ昨日見てわろてたわ

昨日流れてきた、ムーディー勝山の「何から守られてるんだろう」のツイ写真がすごくジワるwwあれから3回くらい見に行ってるけど毎回笑うw

ムーディー勝山のツイがこんな伸びたの初めてだろうねって狸と話してる

ムーディ勝山好きやったなあー!!!ツイッター覗いたけどちょいちょいおもろい。

■現在は地方中心に活動中

ロケで沖縄の三線(さんしん)を弾かせてもらった。右手に持つピックが、ヤンマガ連載中の「ファブル」の武器にそっくりだったので、最新刊の裏表紙をやったつもりが、顔とのれんのせいで「テルマエ・ロマエ」になってしまった。 pic.twitter.com/F2eErggSDD

■なぜこうも転落してしまったのか?

昨年10月に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に出演。

「人気絶頂からの大転落人生を告白」と題して、ムード歌謡漫談で人気を誇ったムーディが、自身のしくじり人生を振り返っている。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE