北海道で11日連続真夏日に死者も…この夏の暑さが深刻だった


○列島各地で猛暑日に

日本付近は強い日差しが照りつけ、15日も気温が上がった。

北海道帯広市37.1度、甲府市36.1度、京都市35.8度など気象庁の国内929観測点のうち59地点で35度以上の「猛暑日」となった。

特に北海道の東部で気温が高く、帯広では15日、全国で最も高い37.1℃を記録した。

○59地点で35度以上の「猛暑日」

○北海道の帯広市で37.1℃を記録

気象庁によりますと15日の最高気温が最も高かったのは、北海道の帯広市で37.1℃、二番目も北海道の美幌町で37℃。

また、美幌で37.0℃、北見で36.9℃を観測するなど、北海道の34地点で、7月として、観測史上最も高い気温を記録した。

北海道ではこの他にも多くの地点で35℃を超える猛暑日となったほか、根室地方や釧路地方などで観測史上最高の気温を更新した地点も相次ぎました。

○北海道美幌町では死者も出た

釧路市や中標津町などの6地点で観測史上最高(タイ含む)を記録した。

この暑さの中、美幌町では農業用ハウスの近くで49歳の女性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡した。

○豪雨被災地の九州北部も厳しい暑さ

北海道では6地点で観測史上1位の気温となり、信じられないくらいの暑さだったと思います。

○このニュースはネットでも話題になっています

おはようございます
三連休二日目、今日も猛暑日らしいので熱中症に気をつけて仕事に推し事頑張っていきましょう

おはよー

週間天気予報見るとずっと猛暑日続くじゃん

今日は猛暑日らしいので
せっかくの連休中だしいつも枕元にいるぬいぐるみを洗濯しました
乾いたらふかふかになってることでしょう
ふかふか( ˙꒳​˙ )

-未分類

×
CLOSE
CLOSE