伝説のモンスター勢ぞろい!ほうれん草の品種が中二病すぎる…


■ほうれん草とはどんな野菜?

ホウレンソウはアカザ科ほうれん草属の野菜で、原産地はペルシャ地方とされ、日本には江戸時代の初め頃に伝わった野菜。

ヨーロッパやアメリカなど世界的に各地で食用とされている野菜で、ポパイのホウレンソウの缶詰でも有名

最近では、サラダほうれん草など生で食べれるほうれん草もあります。また、品種の改良でほうれん草に含まれるシュウ酸も減っている

■ほうれん草の品種が中二病すぎる…

ほうれんそうの品種名は皆やたら強そうなのだが、その中でも住友化学は飛び抜けて強い。勝てない。 sumika-agrotech.com/product/index.… pic.twitter.com/kULkrcLjBM

住友化学のほうれん草は特に強そうだ

■ネットでも強そうだと話題に

「アルデバランのサラダ」「イフリートの お浸し」「チェックメイトの胡麻和え」とかになるのか。(¯▽¯;)   / https://t.co/QJiw3l7pSG

ホウレンソウ無双あるな。「ほうれんそうの品種名は皆やたら強そうなのだが、その中でも住友化学は飛び抜けて強い」。◆ ほうれん草の品種名がどれもこれも強そう→「ノリで付けたろw」「こっちが食われそうな名前」 - Togetterまとめ pyn.jp/2bxqPZF

しかもバハムートだけフォントが強そう。なんかほうれん草のバハムートは特別扱いである。

強い。 pic.twitter.com/Y5IgKYDPvg

■だが、サカタのタネも負けてはいない

本種は、「アトラス」同様、関東平坦地で、夏(8月中旬)~早春まき(3月中旬)まで幅広い栽培に適します。とくに秋まき(9月中旬以降)栽培で良品が期待できます

最大の特徴は、夏場のホウレンソウ栽培の主要な病害である萎凋病に対する強い耐病性とトウ立ちしにくい晩抽性を合わせ持っている点

■タキイ種苗は少し弱めか…

アンナからニューアンナR4へはかなり強い進化が期待される

■強そうなほうれん草には栄養も多い

-未分類

×
CLOSE
CLOSE