今夜、星を見上げたくなる『宇宙にまつわるミニ雑学』


■『プラネット9』■

現在、夜空には巨大な木星と土星が輝いています。これらの惑星と同じサイズの惑星"Planet Nine"が存在するという証拠が昨年1月20日に明らかになりました。あれから間もなく1年半。太陽から地球までの距離の約600倍の所を移動し… twitter.com/i/web/status/8…

謎の惑星「ニビル」と言われているプラネットナインいまここです pic.twitter.com/GWn562ojCU

■『宇宙服一着おいくら?』■

■『おなら』■

宇宙でおならをすると、おならは拡散せず固まりとなってただようので強烈にくさい

■『天の川は中心』■

【銀河系】
宇宙にはたくさんの銀河が存在しているが、我々が住む太陽系を含んでいる銀河のことを銀河系と呼ぶ。
また、天の川銀河とも呼ぶ。
夜空を見上げると見ることのできる天の川は銀河系の中心部分である。

■『ブラックジャック』■

ブラックジャックは宇宙人を手術して地球を救った事がある。

■『惑星にまつわるお話』■

水星の夜の温度は…… マイナス180度。

月は金星のものだった!?

本来、月は金星のものだった!?夜空を100倍楽しむための”月の雑学” - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/214790284…
#月 #雑学

地球が、もともとは金星の衛星だった月を自分の軌道に引っ張ってきちゃったから。という新たな説が浮上した。地球が金星の月を奪ってしまったのだという

太陽系の惑星の中で、金星だけ自転の方向が違う

【火星移住計画 マーズ•ワン①】
10年後の2023年の人類火星移住を目指して宇宙飛行士募集を発表した
火星の重力圏から再脱出できるほどの推進力を持った打ち上げ装置を作れないため、一度行ったらもう地球には帰れない「片道切符」

-未分類

×
CLOSE
CLOSE