一晩限りのプリンセス!?誰でも泊まれる世界の宮殿ホテル【5選】


マハラジャ一家の宮殿

マハラジャの宮殿を改装したホテルで、建物内の一部には今もマハラジャ一家が住んでいる。

遠くから見ても分かる存在感です。

まるで、タイムスリップして、王子王女さまになった気分。部屋の大きさやトイレ、お風呂など、何でもかんでも大きくて広過ぎて、迷ってしまうほど!

「壮大な中世」をイメージした宮殿

館は歴史的な宮殿となっており、伝統的な美しい雰囲気を維持しつつも現代的設備や機能性を備えたラクジュアリーホテル

内装は、フィオナ・トンプソンによってデザインされ、「壮大な中世」とする全ての伝統と現代の優雅さを融合した貴賓ある雰囲気が漂っています。

1919 年に、有名な“ ベルサイユ条約” が調印されたのはベルサイユ宮殿の「鏡の間」であったが、トリアノンパレスはベルサイユ条約を起草した場所としても有名である。

ホテルは世界最大の宮殿であるヴェルサイユ宮殿に隣接しています。

一室限定のロイヤルスイート

ヨーロッパに君臨し続けたハプスブルク家が、かのヴェルサイユ宮殿を凌駕せんとして建てた夏の離宮。

ウィーンも一望出来る丘の上のグロリエッテ

なんと一部屋限定で泊まることができます!

ウィーンで最も高貴な場 所の一つにあるシェーンブルン宮殿のスイートルームは、ロイヤルファミリーファンの胸を躍らせるあらゆるものを提供しています。

帝国時代を思わせ る雰囲気の中、宿泊客は167平方メートルもの広さの部屋で、皇帝のようにディナーを楽しみ、お姫様のように眠ることができます。

ヨーロッパからアジアを見渡す

ボスポラス海峡のヨーロッパ側に建つこの壮麗な高級ホテルは、かつてスルタンの宮殿として使われていました。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE