マンホールの蓋にゲーム出演…『ふるさと納税返礼品』が個性的過ぎる


・すっかり浸透してきたふるさと納税

・ふるさと納税が注目される中「返礼品」も話題に

寄付獲得競争の過熱から一部自治体の返礼品に高額品がずらりと並び、まるでネットショップのような状態

▼そんな中、地域によってはなかなか個性的な返礼品が…。

◯熊本地震で山から落ちてきた巨大な岩

熊本地震で山から落ちてきた巨大な岩がふるさと納税の返礼品として活用される見通し

地区では、この砕いた岩をふるさと納税の返礼品として納税金額に応じ、岩の大きさを変えて贈ることにしたということ

◯マンホールのふた

マンホールですか! 稲美町がふるさと納税返礼品に : bit.ly/2voOGW1 pic.twitter.com/evEgNoitx8

兵庫県稲美町は、ふるさと納税の返礼品に、町花のコスモスをデザインしたマンホールのふたを加えた。

マンホールは自治体によってデザインが異なり、写真撮影やグッズ集めなどをする愛好者が多い。

◯農家民泊

長崎県大村市(市長・園田裕史)と地場系航空会社のソラシドエア(宮崎市)は8月1日から、ふるさと納税の申込者に対する返礼品として、「ソラシドエアで行く農家民泊の旅」の提供を開始

寄附額 15 万円の納税者が対象で、東京~長崎間のソラシドエア往復航空券代と1泊2日の宿泊代のほか、レンタカー代も提供するという内容。

様々な体験プログラムへの参加を通じ、農家の方とのふれあいを通じ大村市の魅力を体験することができる。また地元の旬の素材を利用の郷土料理を味わうこともできる。

◯ゲームに出演

金額に応じてスタッフロールに掲載される権利、発売前タイトルを体験できる権利、新作ゲームに登場する権利などが用意。

岐阜県各務原市のふるさと納税で、新作ゲームに出演できる権利など5種類が返礼品として提供された。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE