”サンタさんは、夏は何してるの?”子供に聞かれたら、こう答えてね


▼サンタさんは、毎年7月、デンマークで『世界サンタ会議』を開催

2017年は、7月24日~27日までの4日間行われた。

世界サンタ会議は1957年に始まり、サンタの「オフシーズン」
である夏に開催されている。

実は世界には「グリーンランド国際サンタクロース教会」と呼ばれ
る組織があり、そこに在籍している者のみが、“本物のサンタ”として
認められるのだとか。

世界各地に支部があり、その一つとして、もちろんデンマークにも存在します。『公認サンタクロース』になる試験は、煙突登り。体重は110kgが目安。役目は子どもたちに幸せを運ぶことだそう。

デンマークの首都コペンハーゲンで毎年恒例となる「世界サンタ
クロース会議」が開かれ、サンタに扮(ふん)した人たちが集まった

会議ではサンタの体重制限や煙突の広さなど、さまざまな議題が
話し合われる。

“プレゼントの流行の話や中身について”だけではなく、“地球環境の
急変に伴うトナカイ生息地の減少による影響、それに伴うプレゼント
代替輸送手段の確保“など真剣なものまで議論されます。

▼『本場フィンランド』のサンタさんは、短い夏を楽しみます

実は夏の間も、サンタは大忙し。世界中から彼に会いにやってくる
人々を歓迎したり、世界中から送られてくるサンタ宛の郵便物に目を
通したり。

でも、夜も明るいラップランドの夏。サンタは忙しい日中の仕事の
あと、森に出かけたり、湖でボートを漕いだり。太陽の沈まない季節
を存分に楽しむ・・・冬を象徴しがちなサンタクロースも、例外では
ないのです。

▼暖かい国へ『海外旅行に出かける』サンタさんもいます

作・絵  レイモンド・ブリッグズ
訳 さくま ゆみこ
出版社 あすなろ書房
評価 5つ星のうち4.4 (amazon)

子どもが年長さんの頃、書店で偶然見かけてハマった絵本です。
サンタクロースはどこにいるの?普段は何をしてるの?子どもが疑問
に思うサンタクロースの正体…よく見るサンタクロースの絵本は、
クリスマスの内容がほとんどですが、この絵本はクリスマスじゃない
時のサンタクロースにスポットを当てていて珍しいと思いました。

美しいフランスの田舎に着いたサンタは、農家のおかみさんに
ミルクをわけてもらい、長いバケットを手に入れ、ベレー帽をかぶり
ます。いよいよフランス料理と意気ごみますが、クリームソース
尽くしでいささかうんざり。翌日はおなかが痛くなり、トイレを
求めて人の多いキャンプ村に移動。そこでトナカイや改造したそりの
ところに人が集まってきて困ります。サンタだとばれちゃまずい。
次の日、サンタはスコットランドに飛び、パブでウィスキーを飲んで
タータンチェックのキルトを身につけご満悦。でも川遊びをしようと
裸で飛び込むと、あまりの寒さにびっくり。やっぱり暑いところが
いいと、今度はラスベガスへ乗り込んで…。

「さむがりやのサンタ」でおなじみのサンタさん。冬の頃から夢見て
いた暖かい国へのバカンスへと出かけます。外国語を勉強し、そりを
キャンピングカーに改造し、さあ準備万端!と出発するのですが、
旅行先でもいろいろなことがあって…と、最後まで楽しめる本です。

▼『オーストラリア(南半球)』や『ハワイ(常夏)』では、どう?

下記の如く、赤のチェックの上下ですw。

よく、オーストラリアのサンタクロースはサーフ・ボードに乗って
やってくるといううわさも聞きますが、実際のところは…モーター
ボートに引っ張られた水上スキーに乗ってサンタさんが現れます。
格好はもちろん定番の赤い服に帽子を被っていて、私たちが見る
サンタクロースと同じです。トレードマークのひげも健在です。

ハワイではカヌーに乗ってやってくるのが一般的です。さすがに
ハワイにトナカイはいないようですね。衣装もオーストラリアと同様
、上半身は赤いジャケットに帽子、下は半ズボンや裸足というパター
ンが多いですが、中には赤のチェックのジャケットなんておしゃれな
サンタさんもいます。

▼実は、サンタさんの『1年のスケジュール』は、こうなんだって

作 嘉納 純子
絵 黒井 健
出版社 偕成社
評価 評価4.67 (Rakutenブックス)

「プレゼントはどこからやってくるの?」「トナカイたちはどう
やって真っ暗なお空を飛び回るの?」「どうやってサンタさんは
プレゼントを配るお友だちを選んでるの?」「クリスマス以外は
どんなことしてるの?」。サンタさんを信じる子どもたちにとって、
これは大きななぞなぞです。それをすっかり解決できる
「サンタの国のヒミツ」がこの本には詰まっています。

グランサンタの家に集まって、新年のご挨拶をするのは1月。2月は
、子どもたちから届いたお礼の手紙を読んでいます。トナカイたちが
、空を飛んだりそりを引く練習をする「となかい学校」の入学式は
4月。5月にはサンタたちの体力測定。世界中を回るには、やっぱり
体が丈夫でないとね。サンタの国の短い夏を海で楽しむのは8月。
9月からはいよいよクリスマスに向けての準備が本格化し・・・。
12月・・・クリスマス・イブの夜、いよいよ世界中の子どもたちへ
プレゼントを届けに出発です!

「サンタクロースの1年のくらし」というサブタイトルのとおり、
サンタの国の1年間が1月から12月まで、月ごとに描かれています
。サンタの国では畑でおもちゃの実がなることや、トナカイ学校が
あること、とても大切な「サンタ会議」があることなど、私たち大人
も知らないことがあるんですよ。クリスマス・イブにプレゼントを
届けるため、サンタさんやトナカイたちが1年を通して準備して
くれている様子を、ぜひ、子どもたちと一緒にゆっくりページを
めくってみて下さいね。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE