カセットテープ、ブームの兆し!!


市場が縮小していたカセットテープ

1962年に発売され、70年代頃から音楽メディアとしても浸透。

アーティストがカセットテープでリリースした作品をそのまま聴くこともあれば、自分で録音してオリジナルのテープを作る楽しみもあり広く普及したが、82年に登場したCDの台頭により、その市場は次第に縮小。

2000年代には音楽ファイル圧縮技術、mp3も浸透し次第に姿を消していった。

レコードとカセットテープは、当時を代表する音楽メディアでした。

カセットテープの種類も安価なものから、メタルテープなどマニア用まで、幅広い商品ラインナップが用意されていました。

カセットテープ人気が再燃か!?

渋谷や中目黒で取扱店やイベント増加

ビームスが展開する音楽部門「ビームス・レコーズ」が、2015年3月にカセットテープを集めた企画展を開催。14年に渋谷にオープンしたHMVレコードショップではアナログレコードとともにカセットテープを精力的に取り扱う。また15年夏には中目黒に中古カセットテープ専門店「ワルツ」がオープン。

出典http://www.iza.ne.jp/topics/economy/economy-10122-m.html

「レコードの比じゃないくらいの伸び」(HMVレコード店)

HMVレコードショップ渋谷では「カセットテープは前年比で言うとレコードの比じゃないくらい伸びている」(竹野智博店長)という。アマゾンでCDとDVDの販売を立ち上げた経験を持つ角田太郎氏が店主を務めるワルツには、愛好家はもちろん、名の知れたミュージシャンから若い学生、外国人まで、様々な客層が連日訪れるという。

ユニコーンや大貫妙子…カセット作品リリースするアーティストも

大貫妙子は、自身が1977年に発売したセカンドアルバム「SUNSHOWER」をカセットテープで再販。ユニコーンもTBSドラマ「重版出来!」の主題歌「エコー」で、A面が楽曲、B面がカラオケという構成の「カセットシングル」をリリースしている。

世界的なトレンド…日本では2015年頃から

HMVレコードショップ渋谷の竹野氏は、同店がオープンした2014年頃から「米国をはじめとする外国ではカセットテープの売れ行きは好調だった。日本で盛り上がりを感じるようになったのは15年のはじめ頃」と話す。

米国ではインディーズで流行、いまやメジャーでもカセット版発売

米国ではインディーズレーベルやバンドの間で、カセットテープにダウンロードコードを付けて売る方法が流行。全米レコード協会(RIAA)が認定する「ゴールド&プラチナムディスク」を獲得したアルバムでカセット版も発売される例が増えセールスも好調。ジャスティン・ビーバーやカニエ・ウェストも発売している。

なぜ今「カセットテープ」が人気を呼んでいるのか?

「お客さんは年配の方もいれば、若い学生さんもいます。リアルタイムでカセットを聴いてきた人は、若い頃に聴いた作品をカセットで買い直すことが多いようです」

「その手軽ではない部分が評価されているのだと思います。カセットで音楽を聴くには、テープをラジカセに入れて、再生ボタンを押すという所作が伴います。またノイズも含まれた音には柔らかい雰囲気があり、デジタルの高音質さとは違う心地よさがあります」
なお、オーディオ好きの間でもカセットやラジカセはブームになっているという。AV評論家の小原由夫氏は「若い頃にエアチェックしたカセットテープをデジタルアーカイブ化する際に、カセットテープの音に触れ、その魅力を再認識したという人は多い」

スマホ時代に逆に「新しい」カセットテープの魅力

ウォークマンとカセットテープ

1979年に発売されたSONYのウォークマン。音楽を持ち歩くという時代の波を作ってきたウォークマン。大ヒットするとともにカセットテープもまた売り上げを伸ばしました。

画像は、ステレオカセットプレーヤー”ウォークマン”の1号機です。当時、録音機能がなしでは売れないとの社内外の声に反してヒットとなり新たな若者のライフスタイルを創造したのです。

発案者は、日米を往復する飛行機の中でオペラ音楽を楽しみたいと考えたソニーの共同創業者の盛田昭夫。ただしウォークマンの真髄は、どこにでも持ち運べる携帯性以上にユーザーの「孤立」と「自立」にあった。ウォークマンは世界における自分の居場所についての概念を覆したのだ。

 1979年夏に発売された初代モデルTPS-L2には、ヘッドフォンプラグの差込口が2つあった。ソニーの広告の絵柄も、異なる風貌の2人(背の低い高齢の日本人男性と長身の若いアメリカ人女性など)が一つのウォークマンで一緒に音楽を聞くというもの。さらにTPS-L2には音楽を一時停止させるボタンがあり、ヘッドフォンを介して会話もできた。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE