イッテQで紹介された! 「アトラトル」のトリビア


アトラトルって何?

彫刻されたアステカのアトラトル。メキシコシティの「the National Museum of Anthropology and History」より。

アトラトルとは、先端に引っ掛けるためのカギがついた棒で、そのカギに槍の柄をひっかけ投げるもの。

スピアスロアー(Spear-thrower)とも言われる。

普通、長さは使い手の肘から手首までの1.5倍ほどで、これを使うと肩を中心として回転する腕の長さが倍増する計算になる。

てこの原理を使って少ない力を効率よく、かつ手を離すタイミングなどがないため命中精度も上がり,結果非力な人間でもマンモスなどの大型の獲物を捕らえることが出来る、というもの。

アトラトルは100メートルを超える距離にあるものを打ち抜くことができ、20メートル以下の距離でも正確に使用できる。

アトラトルの起源

以下、「Spear-thrower - Wikipedia」より。

このアトラトルは約30,000万年前からホモ・サピエンスによって使用されていたと考えられています。

アトラトルに関する最も正確な記録は、約21,000年前から17,000年前のフランスのいくつかの洞窟で得られました。

ヨーロッパでは、アトラトルは弓矢や投石器によって淘汰され、多くの地域で投槍器は忘れ去られ、使われなくなりました。

ペルーの西暦0~300年の儀式用アトラトル。
「Lombards Museum」より。

アトラトルは、初期のアメリカ人にも使われました。

ベルリン地方の移民によってアメリカに紹介されたようで、紹介が弓と矢よりも遅かったにもかかわらず、アトラトルの使用はヨーロッパの最初の接触時に広まりました。

米国西部の乾燥した敷地と、フロリダとワシントンの水面に浮かんだ敷地に広まって使われていました。

いくつかのアマゾン族のインディアン種族も漁業や狩猟のためにアトラトルを使用していました。

いくつかの人は、この武器を弓と矢よりも優先し、戦闘だけでなくスポーツ競技でも使用しました。

これは、17世紀半ばのブラジルのリオグランデドノルテの森林に囲まれた山と高原のサバンナに生息する移住者と侵略者のタプアヤ族のタリイユ族でした。

現代では

投げ方の確認をしている女性。

アトラトルは現代では狩猟のために使われることがあります。

米国では、ペンシルベニア州ゲーム委員会が、特定の動物を狩るためのアトラスの合法化のための承認準備を行っています。

狩猟動物に許可される動物はまだ決定されていないですが、特に考慮されているのは鹿だそうです。

現在、アラバマ州ではシカの狩猟を許可していますが、他の州では荒れた魚(スポーツや食べ物に求められていないもの)、何種類かの鳥、 2007年以降、ミズーリ州では野生動物(鹿や七面鳥を除く)の狩猟にアトラトルの使用が認められ、2010年からは鹿のシーズンの銃器部分(銃口部分を除く)での鹿の狩猟も認められました。

2012年以降、ミズーリ州では秋のアーチェリー鹿や七面鳥の狩猟季節にアトラスを使用することができ、2014年からは春の七面鳥の狩猟の時期にアトラトルを使用することができるようになりました。

ミズーリ州では、釣りのためにアトラトルを使用することもできます。(いくつかの制限があります。)

ネブラスカ州ゲーム&パーク委員会は、2013年現在の鹿の狩りにアトラトルを使用することを認めています。

思ったよりもいろんなところで使われていますね。

アトラトルの大会

毎年多くのアトラトル競技が行われています。

イベントは、ニューヨークのレッチワース州立公園、イリノイ州のカホキアマウンズ州立史跡、ネバダ州のバレーオブファイヤー州立公園などの公園で行われることが多いです。

世界中のアトラトル団体は、数多くの地元アトラトル競技を主催しています。

バーモント州アディソンのチムニー・ポイント州立史跡では、毎年の北東オープンアトランティス・チャンピオンシップが開催されています。

2009年、第14回オープンアトランティスチャンピオンシップが9月19日土曜日と日曜日に開催されました。

アトラトルのイベントには一般的に、国際標準精度競技会(International Standard Accuracy Competition:ISAC)が含まれており、競技者は標的を目がけて10回投げることができます。

イッテQでみやぞんが100メートル先の赤い風船を打ち抜く

アメリカの地方都市などで開催されているアトラトルの競技大会では、ごく平均的な体格の成人男性が130m離れたところにある直径1mの的に、アトラトルを使ってやりを命中させることがある。

アトラトルの作り方

アボリジニのウーメラ

ニューギニアの人々とオーストラリアのアボリジニはアトラトルに似たウーメラを使います。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE