アメリカで禁止されている食べ物7選!【馬肉】や【牛乳】がダメだって?!


①低温殺菌されていない牛乳

消費者を雑菌による食中毒から守るために生乳の販売が禁止された。

日本ではレバ刺し禁止令が出たが、アメリカだと「殺菌してない生乳で作ったチーズの輸入禁止令」とか出てるのね。「難解な表示のため検疫官が違法チーズと認識できない場合もある」てのはいいな。 usfl.com/Daily/News/03/…

②馬肉

テキサス州には、人間向け食用馬肉の生産を禁止する州法がある。そのため、全米で3社しかなかったという馬肉の生産業者のうち2社は潰れたそう

厳しい開拓の歴史を馬とともに歩んできたという事情から、馬に対して格別に思い入れが強い

職場で扱う馬肉見てて思い出したんだけど、アメリカで馬の屠殺を法で禁止した地域で馬肉関係の仕事ついてた人たちが大量に失業して、経営難とかで馬を育てていけなくなったところが貰い手が見つからないと小屋に繋いだまま餓死させるしかないという話。

@m_akama イスラムの一夫多妻が戦争未亡人救済のためのルールだったり、豚肉禁止が当時はおそらく食中毒を避けるための教えだったりとかですね。わりと知られてないけれどアメリカにも開拓時代の伝統から来た馬肉食のタブーとかありますし

③フカヒレ

アメリカの各州でフカヒレの売買・流通を禁じる法律が次々に施行されている

環境保護団体の影響力が大きいアメリカが強権を発動、例えばハワイ州は7月から、カリフォルニア州は10月から、輸入フカヒレの主な荷揚げ先となっている西海岸最北端のワシントン州も8月にはフカヒレの取引禁止法案が承認された

「フカヒレ」 カナダのトロント市、アメリカのハワイ・オレゴン・カリフォルニア・ワシントン州で禁止。ひれだけを切り取られたサメは、海に戻され、体をくねらせながら沈んでいく。 pic.twitter.com/2hyNrZPxS8

こんなことするのはむごすぎる・・・禁止もうなずけますね

フカヒレ ヒレだけ切り取り、胴体を海へ投げ捨てるフカヒレ漁。さめはもがきながら、沈んでいく。アメリカのいくつかの州ではフカヒレ禁止法成立「残酷なだけでなく、海の衛生にも悪い」  youtube.com/watch?v=bfxvfB…  #youtube

④チョコエッグ

米国では、幼児の誤飲防止の観点から、キンダーサプライズはいわゆる禁制品扱いとなっています

そしてチョコエッグ(古!)みたいなおかしはアメリカに持ち込み禁止らしい。国内で見つかると罰金300ドルだって。国境で「これを破棄してもいい」っていう7頁もの書類にサインするらしい。すごいよアメリカ!

【どうでもいい話】
アメリカでは食品医薬品局(FDA)によって、幼児の誤飲を防ぐため食品内に玩具を入れることが禁止されている。つまり、『チョコエッグ禁止』なのである。
輸入も禁止されており、国境で見つかれば即没収。税関によれば、2009年に2万5千個が押収されたという。

⑤キャビア

トルコの名物キャビアを産むチョウザメは絶滅危惧種に指定されているため、アメリカでは持ち込みが禁止されている。

キャビア目当ての密漁で米国のチョウザメ危機(ナショナルジオグラフィック/アメリカ) nkbp.jp/29zGGmq 「サクラメント川へも産卵にやってくるが、その際ダムに行く手を阻まれる」「干ばつが続いて川の水位が下がっており、上流の産卵場までたどり着くのが困難に」

⑥フォアグラ

カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガーが2012年までにカリフォルニア州内で鳥に強制的に食事を与えて作られたフォアグラの生産と販売を禁止する法律を制定。
*その後、州法が施行されるも2015年1月1日、裁判所が違憲との判決を下したため、抗争中。

「2012年7月から、アメリカ カリフォルニア州では強制給餌によるフォアグラの生産の・製品の販売が禁止されています。
動物保護団体の運動を受けてフォアグラ禁止法案を提出した民主党のジョン・バートン議員は。「給餌の現場を見たら正しいことだとは思えなくなるだろう」と指摘しています。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE