やってもうた!Twitter発「発注ミス話」が面白い!


世の中に溢れる「発注ミス」。発注主にとっては背筋が凍る出来事を、もし様々な名作・童話・昔話に持ち込んだら?
Twitter発の「発注ミス話」をお楽しみください。

アダムとイブ

神様はアダムとイブに言いました。「ふじ、つがる、ジョナゴールド、シナノスイート、王林は食べてもよいが、紅玉は決してそのまま食べてはならない」
二人は疑問に思いました。「なぜ紅玉だけ食べてはならないのですか?」
神様は答えました。「紅玉はアップルパイが一番だから」
#発注ミス話

一寸法師

姫「それでは法師、この打ち出の小槌で…」
一寸法師「姫、それは"ごーるでんはんまー"でございます!」 #発注ミス話

浦島太郎

浦島太郎が玉手箱を開けると、一段目からとてもきらびやかなおせちが入っていました。

#発注ミス話

竜宮城から帰る時、乙姫は太郎に玉手箱を…2万個渡しました。
乙姫「開ける事が出来るのは1日1個だけです」

玉手箱を開ける事を楽しみに毎日を過ごすうちに、浦島太郎はすっかりおじいさんになってしまったそうな。 #発注ミス話

乙姫は浦島太郎に玉手箱を手渡すと「決して開けてはなりません」と箱の隙間から漏れる煙で熟女になる中言いました。浦島太郎は熟女好きだったので帰るのをやめましたとさ。 #発注ミス話

おおかみ少年

オオカミ少年「オオカミだー!オオカミが出たぞー!」
迫り来る56億7,000万体の狼軍団。
迎え撃つはたった一人のチャック・ノリス。
ファイト!
#発注ミス話

オオカミ少年「大変だ!ウルフが来た!今度は本当なんだ!」

昭和の大横綱・千代の富士貢が怒涛の寄りで村人達を次々と土俵の外へ… #発注ミス話

おおかみと七匹の子ヤギ

「狼と70匹の子ヤギ」
「家族計画はもうちょっと慎重にしようよ…」
#発注ミス話

大きなカブ

うんとこしょ
どっこいしょ
ようやくカブは抜けました!

おじいさん「皆の衆…あと99…」 #発注ミス話

うんとこしょ、どっこいしょ
それでもかぶは抜けません
仕方がないのでおじいさんは、おばあさんを8000人ほど呼びました
一夫多妻制の限界集落だったようです

#発注ミス話

うんとこしょ、どっこいしょ。それでもカブはぬけません。おじいさんがおばあさんを、おばあさんが娘を、娘がTwitterで拡散希望すると大量の人が現れあっという間にカブを引き抜き、家族のだれもカブを食べることはできなかったのです。 #発注ミス話

おむすびころりん

昼になったのでおむすびを食べようと包みを開けたが、100個ぐらい落としてしまった。
すると、穴の中から歌声が聞こえてきたので、おじいさんはもう5個のおむすびを穴の中に転がしてみた。
歌に夢中になっていたらおじいさんも10人くらい穴に落ちてしまった。
#発注ミス話

かぐや姫

-未分類

×
CLOSE
CLOSE