ふへw…Twitterで見かけた『笑いを誘う呟き』に意図しない声が出る!


■「センス」を感じる言葉

女の子と道を歩いているときに…

パン屋の前通ったらいい香り。
昔、女の子と街を歩いていて、この香りがしたとき、相手の子が「ああ、イースト菌が絶頂期で焼き滅ぼされる匂い」って言って、自分はこの子が好きだなって思ったことなどを思い出す。

地元のTSUTAYAで、「日本沈没」と「日本以外全部沈没」が並べて置いてあって、
「2つ借りれば全部沈没!」ってポップが出てたのはセンスあると思った

全部沈没w

■「仕事」ってやつはね…

上司「最近のお前見てて思うんだが」
部下「はい」
上司「お前…楽して金儲けしようとしてないか?」
部下「あ…はい…すいません…」
上司「『楽して』なんて甘えた事言ってんじゃねぇよ!」
部下「……」
上司「上を目指せよ!『何もせず』金儲けしたい、そうだろ!」
部下「そうです!」

何もせずw

仕事イヤイヤ期(23歳~60歳)

最初から最後まで…

■夜中の「ナースコール」

課長「夜中に男嫌いの患者さんからナースコールあったんだ」
私「はい」
課長「喉が渇いたって内容だったんだけど、女性が持ってきたものしか飲まないって言うの」
私「はい」
課長「夜勤俺1人じゃん。だから」
私「…」
課長「女装して行った」
私「だからここに茶髪のウィッグがあるのね!」

私「バレなかったんですか」
課長「モロバレだった!」
私「でしょうね!190cm超えの女性なんてモデル並みですからね!」
課長「でも俺の気持ちを汲んでお茶飲んでくれた」
私「課長も苦労しますね」
課長「全然!楽しかった!」
私「タノシカッタ」

忘年会でもノリノリで女装してたな…

ノリノリなのかよw

■初めてきたところは「未知」

インド人の店員ばっかりのカレーバイキング店なんだけど
店員A「〜〜〜(何やら向こうの言葉)」
店員B「チョットマテ」
店員A「?」
店員B「ココデハ、ニホンゴ、ツカエ。オキャク、フアン、ナル」
店員A「……ハイ」
初来店時にこんなやりとりを見た
今ではすっかり行きつけです

ポケモンGOで田舎の我が町にもフリーザーが来たので現場の公園に行ってみたら、同じ様に集まって来た数名の人々に、壮年のおじさんが「あんたらポケモン?フリーザー?だめだめ、そんな人数じゃ。悪い事は言わない。若い人は無駄死にしちゃいかん」とめっちゃ一度は言ってみたい系の台詞言ってくれた

言ってみたい!

■「検索」

A「アゲハ蝶歌うわ」
B「懐かしいな、あまり覚えてないけど混ざるわ」
A「『旅人に尋ねてみた どこまで行くのかと いつになれば終えるのかと』」
B「『Googleは答えた 山手線で8分 駅に着いてから5分だと』」
A「何でGoogleルート検索したの」

音声検索の起動の言葉って、「Hey,Siri」とか「OK,Google!」とか、どうしてちょっと役作りを要求されるセリフなんだろう。しかも役の人物設定がアメリカンすぎる。もっとこう、自然に言える、「ええっとですね、Siri」とか「あのぅ、Google?」とかになんないのか。

自然体だw

■実はあるかもしれない「そんなこと」

私が昔読んだ3匹のこぶたって、人生をなめた兄豚2匹はオオカミに食われてたんだけど、最近の絵本だと3匹とも生存して更にオオカミとも仲良くなっている… という別の世界線を描いた話になっているらしい んで それ聞いて真っ先に思ったのは「3匹目の豚はループしてるな」ってことだった

スーパー銭湯で、自販機にリストバンドを読ますとエラーとなり珈琲牛乳を買えなかったんだけど、「ディストピアSFにありがちな、市民IDを剥奪されて一切のサービスを受けられなくなり、アイデンティティ崩壊する元小市民の主人公だ…」と興奮した。この後、地下組織の亜人の美少女と逃避行します。

あるかも?

-未分類

×
CLOSE
CLOSE