ひっそりと大枠合意…日欧EPAで我々が知っておきたい事


日欧EPAが大枠合意に!

日本と欧州連合(EU)は6日、ブリュッセルで首脳会談を開き、経済連携協定(EPA)の締結で大枠合意した。

2019年中の発効をめざす欧州側に足並みをそろえ、日本は自由貿易の重要性を世界にアピールする。

しかし、あまり内容について知られていない現状が…

日欧EPAってTPPに比べると全く騒ぎが聞こえてこなかったな

日欧EPA大筋合意。これってビックニュースなのでは。

反安倍のニュースより、ずっと短いEPAのニュース。(@_@)?
#wbs

EUと大枠で合意したEPAの件で、ヨーロッパからの輸入チョコに10%の関税掛かってた事を初めて知った(^^;;;;

日欧EPAは、TPPほど反対運動は盛り上がっていない感。コメとディズニーが絡まないからかな。

EPAって4年も前から協議してたんだ。4年前って安倍政権?
#nhk11

ざっくり言うと「互いの得意分野の関税を無くしましょう協定」

日本側は自動車の関税が大幅に削減

EUは、日本から輸出される「乗用車」にかけている10%の関税を協定発効の7年後に撤廃するほか、「自動車部品」は、貿易額ベースで92.1%の品目について協定発効後、関税を即時、撤廃します。

欧州からは食料品の関税が撤廃の見通し

欧州産のチーズが安くなるかも?

一方、「チーズ」は、日本が現在29.8%の関税をかけているカマンベールやモッツァレラといったいわゆる「ソフトチーズ」を含む最大3万1000トンまでの新たな輸入枠を設けます。

そして、この輸入枠の関税は、協定の発効後、年々削減して15年後に撤廃するとしています。

一方、ゴーダやチェダーなどハード系のチーズは、29.8%の関税を段階的に撤廃する方向で最終調整している。TPPでは、16年目に関税を撤廃するとした。同程度の期間をかける方向だ。

さらに秋の定番商品も値下がりする?

値下げが期待される代表例がワインだ。ワインは現在、輸入価格の15%か1リットル当たり125円のどちらか安い方に関税がかかっているが、EPAが発効すれば即時撤廃される。

一般的なボトル(750ミリリットル)で最大約93円の関税がなくなり、店頭価格にも反映される見通しだ。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE