どん兵衛だけじゃない?水の中身も違うの?…知ってるとネタになる雑学です


■『愛と恋』■

恋と愛、どちらをしていますか。

■『脳の気力ゲージ』■

私たちの(脳の)気力ゲージは決断の度に消費されるそうなので、自分なりの解釈を対比イメージ化してみました。即断即決、即実行を心がけてみて、まず効果が出たのは家の中が突然キレイになったことでした。 pic.twitter.com/8sSnE2zbDo

これよくわかる。日々のことは、「考えずにただ動く」と、ものすごいスピードで片付く。しかも、考えるべきことを考える余力が残る。うだうだせずにJust do it.
twitter.com/manga_material…

普段から「思い立ったら即行動」を心がけてるケド、こういう利点もあったのか、、、いつの時代も行動力のある人が無駄なくそつなく生きていると思う twitter.com/Manga_Material…

■『褒め方と怒り方上手になるコツ』■

うちの大叔父さんは、元銀行マンで、営業から初めて支店長さんになったくらいの人なんだけど、その人生モットーが「人を褒める時は大声で人前で」「人を怒る時は二人きりで小さな声で」だったそうな。

「人前で大声で怒れば、怒られた人間は周りの目もあって恥をかき精神的にも傷つきい、一時的には反省したように見えるが、実際は『失敗を怖がる』だけになり、リスク回避ばかり考える、失敗はしないが成功もしない人間になる」

「そりゃまぁ失敗はしない方がいいが、そうなる前にフォローするのが上司の仕事だし、失敗しちまったら責任取ってやるのも上司の仕事なんだ。部下を怒鳴りつけるのは、管理職の仕事じゃない。仕事してないやつほど怒鳴り声だけでかいんだよ」

そんな大叔父さんが、部下を褒める時に一番気を使ったのは、その「部下の奥さん」の前だったそうで、時に奥さんたちが集まる慰労会みたいなのが催されるんだが、周りの奥さん方に妬まれないように、それでいてその奥さんが自分の旦那を誇れるような塩梅で褒めるのがポイントだったとか。

その効果は高かったらしく、自分の旦那が周りの奥さんの前で褒められれば、やはり奥さん誇らしい気持ちになる。そうなると疲れて帰ってきた旦那を優しくしてやろうという気持ちになり、それが結果とし仕事につながるらしい。

■『ここがちがうよ!関東と関西』■

関東と関西で水の中身が違うなんて知らなかったったった。
左:大阪、右:東京 pic.twitter.com/fs79b4yQA1

左)大阪版
右)東京版

ちょっと衝撃的だったよ… pic.twitter.com/IjYDAsewk1

今日あたりから帰省ラッシュでしょうかね。地元に帰ったらいなり寿司の形をチェックしてみてください。東は俵、西は三角。こんななんでもないようなところに日本の豊かさがあるように思うのです。 pic.twitter.com/AaAkiYUQEd

-未分類

×
CLOSE
CLOSE