どうして…Twitterで見かけた『謎の喪失感』に襲われる不意の一撃。


■「接客」で言われた一撃

本日、日本から訪れた親子のお客様の接客をしていたら、お母様の方から
「日本語、たくさん…たくさん…勉強なされたんですね…」
涙ぐみながら言われました…

ありがとうございます。
そんな風に言われたら
店長、もう何も言えません。

日本人ですって…

さっき、コンビニでざるそばとサラダ買ったら店員さんに、
「温めますか?」
と聞かれて、耳を疑ったけど思わず
「あ、はい。」
と返したら、
「ごめんなさい。ダメです。」
と拒絶されて、
朝から謎の喪失感に苛まれてる。

聞いておいてこの仕打ちw

■「勘違い」から生まれる絶望感

妹に「結婚することになった」って言ったら、「お兄ちゃんができるの?嬉しい⋯!」って未だかつて見たことがない満面の笑みを見せてくれたせいで、エイプリルフールだよーん!と言えなかったんだけど、妹の笑顔を失わないためにはどうしたらいいの?!旦那ってどうやったらできる?!粘土で作れる?!

隣のカップルが別れ話をしてるんだが。
男「じゃあ俺の何がよかったの?顔だけなんだろ?!どうせ!」
女「え…顔…?別に…普通じゃない?」

アイスコーヒー吹くとこだったわ(

これはつらいw

■「帰り際」に言われた一言

誕生日に実家でTVを見ていたら、母に「もしかして今日予定ないの?」と言われたので、「夜から出掛ける」と言ってバッチリ化粧して家を出た2時間後、母から「ブックオフにいるあなたを見ました。なんかごめんね。雑煮あるよ」って連絡がきたから泣きながら帰って雑煮食って寝たら誕生日が終わった。

講習を受けた後、個別で講師に呼び止められて…

セクハラ講習受けてきた。帰り際にに講師の女性に呼び止められてこう言われた。「セクハラと言うのは何を言われたかではなく、誰に言われたかです。人によっては居るだけでセクハラになるので注意してください」って。どうしろと?なぜボクだけに言う?

個別はつらい…

■「仕事」で感じるモヤモヤ

娘「パパ!今日ね!あのね!」
父「うん」
娘「大きな絵を描いたんだよ!」
父「凄いねぇ」
娘「パパは何してた」
父「仕事だよ」
娘「あとプールにも入ったの!」
父「良かったねぇ」
娘「パパは?」
父「仕事だよ」
娘「今日は幼稚園でお菓子食べたんだよ!パパは?」
父「仕事だよ」

以前メーカー勤務してたとき、多くが女性向け商品だったけど企画はおっさん、口出しするのもおっさん、営業もバイヤーもおっさんだった。でも対外的なプレゼンは女の子にさせるの。さも女の子たちががんばって作ったような演出で。この世はおっさんに支配されてるって絶望した。

■何気ない行動で「クレーム」

めっちゃクリス松村に似てる客おったから「もしかしてクリス松村さんですか?」って言うたらめっちゃ客キレてクレームになって明日までに苦情処理簿提出せなあかんハメになった

@_RY_0 今日「客に余計なことを言わないようにする」っていう旨の報告書提出した

接客は慎重に。

取引先に電話の保留音が平原綾香のジュピターの琴バージョンの会社があって、それを聞くと心が和むので特に用事が無いのに電話するのを繰り返していたら苦情が入ったらしく、今から上司と面談する機会が設けられた

これはじわるw

■「男の子」との遊びで喪失感

突然、ワンパクな男の子に剣を渡されて…

上の階の男の子が駐車場でピカピカの剣を振り回してたので「かっこいいね」と述べ、帰宅しようとしたら、突然剣を渡され決闘を申し込まれた。ひええええ~などど大袈裟にぐるぐる逃げ回って遊んでいたらその子のお父さんが二階から煙草ふかしながら厳しい目で見ていた。

何か失った気持ちになる…

-未分類

×
CLOSE
CLOSE