どうしてこうなった・・・失敗に終わった伝説の音楽フェスまとめ


第1回フジロックフェスティバル

もう20回を数えるフジロックは、実は歴史に残る大失敗から始まりました。

1997年に、富士山のふもとの天神山スキー場で初めて開催された。2日間の予定であったが、台風の直撃により1日目から豪雨に見舞われる。会場内で雨をしのげる場所は少なく雨や寒さに対する備えが不十分な参加者が多かったこともあり、会場内やその周辺では体力を奪われて倒れる者が続出した。幸いにも死者はでなかったものの、フェスは後に語り草となるほどの惨状を呈した。

また、会場へのアクセス道路は1本しかなく、駐車車両などによる渋滞によって交通は麻痺状態となり、移動に多くの参加者が徒歩で数時間も歩いた。トイレもない道路では多くの人々が周辺の私有地に立ち入って用を足したり、別荘地内で勝手にキャンプをしたりと会場周辺も混乱を極めた。2日目は朝から晴天となったものの、警察、地元自治体などからの要請や会場とその周辺の荒廃により、これ以上のイベント続行は不可能と判断した運営側が全てのプログラムを中止し、日本初の野外ロック・フェスティバルは、あえなく崩壊した。

また、駅と会場を結ぶ送迎バスが機能しなかったことにより、駅や荒天の会場で数時間にわたり立ち往生を余儀なくされたこと、案内スタッフが少数かつ不親切であったことなど多くの課題を残し、フェスの運営にも批判が集中した。

▼当時の参加者は・・・

全プログラム終了後がまた地獄で土砂降りの中シャトルバスが何時間も遅れ、一台が到着するごとにどの方面であろうが人が一斉に押し寄せる軽い暴動状態と化していた。
「乗せろウラーー!!」と叫ぶ輩。「もう死ぬ~~~!!」て泣き出す女の子。
あの阿鼻叫喚の『蜘蛛の糸』ばりの地獄絵図はホンマ酷かった。

これから20年もこのフェスが続くことになろうとは、誰も予想できませんでしたね・・・

▼この失敗があって、今がある

「よく死人が出なかったもんだ。」フジロックの後、そこら中で聞こえた声がこれです。世間的には大失敗といわれ、興行的にもどう見ても赤字になったことでしょう。

でも、なんとか第一回を終わらせることができ、それに続いて続々と大型野外フェスが産声をあげました。今年はどれに行く?と悩んでしまうほどです。だから僕たちは胸を張って言えるのです。

「野外フェスは僕らの犠牲のうえに成り立っているんだぜ!」

ウドー・ミュージック・フェスティバル

運営、集客、マナー・・・どれをとってもダメダメだった伝説のフェス。

ウドー音楽事務所が主催した、「この夏、ウッドストックの興奮が甦る!」と銘打ち、"大人の夏フェス"をテーマに掲げた2006年開催の夏フェスである。
2004年に開催したロック・オデッセイの後継イベントで、会場は富士スピードウェイ(静岡県)と泉大津フェニックス(大阪府)を使用。開催形式は日本のロック・オデッセイやサマーソニックなどと同様に、メインステージへ出演するアーティストは日替わりで交代して両会場に出演した。

▼当時の参加者は・・・

・とにかくガラガラ、もう素晴らしいくらいにガラガラ。
・トイレも混まない。
・ステージすぐそばで座れる。
・なんならメインステージから20メートルのところでシート引けちゃう。
・飲食物の持ち込みチェックなし。ピクニックみたい。
・会場全面アスファルト。駐車場か。
・霧がすごい。見えない。
・犬猫持ってきてる客がいる。ペットとフェスを楽しめる。
・若者向けとしたパンクステージには客が10人程度のときもあった。学祭状態。

・「タイド」ってバンドの時は
  最前列で還暦迎えたようなおばちゃん二人がパイプ椅子持参で座り込んでいる
  のにスタッフは放置していました。それくらい閑散とした状態。天気も悪いしね。

 ・「リチャードジュリアン」、客、20名くらいしかいなかった。演奏すげーいいのに。

 ・<「ポーキュパイン・ツリー」のスティーヴン・ウィルソン、出演後のインタビューの際>
  開口一番── 「もっとビッグなフェスティヴァルだと聞いてたのに、ガッカリだったよ」

クラシックロックアワード関連のツイート、荒れてるねーーーw
10年前のウドーミュージックフェス以来の酷さ!なんて声もあって
どんだけだよとwwwww

クラシックロックアワードと引き合いに出すツイートも。

土砂降りの野外イベントは燃えるよなー。土砂降りのウドーミュージックフェス(大阪会場)でジェフベックが見れたのはいい思い出です。

▼参加者にとっては、意外と快適?

正直な話、他のフェスより平均年齢が明らかに高い観客にとってはこの上なく居心地よかったが、主催者の心情を察するに余りある惨状だ。雇用主の心が折れればバイトの仕事は雑になり、何をやっても赦される奇跡の放置天国が生まれたのである。

見る側としてはとても贅沢なフェス。これを来年もやる勇気と財力がウドーにあるかは分からないけど、個人的には是非やってほしい。とりあえず、もう少しセンスのあるタイムテーブルを組んでいただいて、是非やりましょうよ。ウドーさん。

ポール・スタンレー「今夜ここに4万人ものオーディエンスが集い……後ろを振り向くんじゃねえ!」

TOKYO ROCKS

▼チケット売上不振の原因は?

-未分類

×