【 675 】着信 に注意!!【パプア】折り返すと⁈


▼ +675 で始まる着信に注意!

最近急増している+675で始まる、着信について。

今回の迷惑電話は、いずれも「+675-7089」から始まる電話番号となっているようです。

+675-7089-4053
+675-4055-4055
+675-7089-4058
+675-7089-4060
+675-7089-4066
+675-7089-4091
+675-7089-4096
+675-7089-4129

..など。

もし、【+675】にかけ直すとどうなってしまうのか?

【+675】ってどこからかけてきているのか?

もし【+675】にかけ直した場合、何が起こるか…?

「……………。」

電話の向こうの相手は何も声を発しません。

「もしもし?聞こえますか?」と声を掛けても、何も声を発してくれません。

(なんだ?何も言わないな…。いたずら電話か?)
と思って電話を切ったときに1分が経過していたとしましょう。

そうだとすると…、高額な通話料金がかかってしまします!

ソフトバンクが公式に発表した情報によりますと、30秒につき、249円の通話料が取られてしまいます。

「+675」から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話の着信が確認されています。着信履歴で、心当たりのない番号への折り返し電話をされないようお願いします。

ソフトバンクもHPで注意。

「+675」の着信については
ソフトバンクの携帯電話だけに限らず、
SNSではdocomo、auユーザーともに「着信があった」との声を確認できます。

パプアニューギニアからの着信、なぜ?

実行者の身元が判明していないため確実にこれだとは言えませんが、おそらくは高額な国際通話を大量に発生させ、パプアニューギニア側の通信会社からその一部をキックバックして貰っているのだと思われます。

【+675】に限らず、知らない番号からかかってきたら、まずはネットで検索!

この習慣をつけるようにしましょうね。

動画

-未分類

×
CLOSE
CLOSE