【雑学】GHQに歪められた!?偽りの『勤労感謝の日』の意味


そもそも勤労感謝の日ってなに??

勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。

間違えてはいけない!GHQの企み!

しかし実はこの勤労感謝の日という名称もその趣旨も、本来

の意味とは全くかけ離れた『偽り』のものでしかないのです。

理解するにはまず勤労感謝の日の由来から見てみましょう。

勤労感謝の日の由来

皆さん11月23日は新嘗祭ですよ!
勤労感謝の日という祝日は新嘗祭に由来する pic.twitter.com/hRK4VQy6eW

『新嘗祭』とはなんだろう?

収穫祭にあたるもので、11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に進め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。

新しい天皇になったときの、最初の新嘗祭は、
大嘗祭と呼ばれ、宮中行事の中でも、
かなり重要な儀式だったんです。

戦前まで神格化されていた天皇ですが・・・・

つまり、国民の「天皇」への信仰を弱めたかったんです

GHQは天皇の力を弱めるために「新嘗祭」の意味を変えることに

天皇から天皇へと受け継がれた歴史ある日はGHQによって歪められましたが、本来の収穫祭としても、そして勤労に感謝する日としても認識するのが良いかもしれませんね。

海外で言うところのハロウィンに近いですよね。

勤労感謝の日に、渋谷や六本木でコスプレされたらたまりませんね・・

-未分類

×
CLOSE
CLOSE