【敬語】「お伺いします」「お伺い致します」どっちが正しい?


敬語のおさらい(尊敬語、謙譲語、丁寧語)

■尊敬語
目上の人に対して、その方の動作を立てて表現する際に使用。

■謙譲語
目上の人の動作に関係なく、自分がへりくだることで相手を立てる際に使用。

■丁寧語
話を聞いてくれる方へ配慮する際に使用する。主に聞き手側が目上の人の場合に使用。

尊敬語は目上の人を敬う表現で「相手を立てたいとき」に使うもの。また、謙譲語は自分をへりくだる表現で「自分を下げることで相手を立てたいとき」に使う。そして「です、ます」をつける丁寧語は、日常会話でもよく使い、相手を問わず使う表現。

二重敬語はNG!

二重敬語とは、ひとつの単語について、同じ種類の敬語を二重に使った間違いをいいます。

よくある二重敬語

■社長がおっしゃられていました
→正しくはおっしゃっていました。

■先生がお越しになられました
→正しくは、先生がお越しになりました

■先輩がお帰りになられました
→正しくは、先輩がお帰りになりました

■ご注文をお承りしました
→ご注文を承りました

上記の言葉は全て二重敬語になってしまっており、使い方としては誤りですが、よく耳にしませんか?
皆さんも普段何気なく使っている敬語が誤っているかも…。

皆んなも間違ってる?敬語しっかり使える人は少ない?

最低限の敬語 伺いました 拝見しました もう一度おっしゃっていただけませんか 申し訳ございません 質問させていただいてよろしいでしょうか 最後にお話しさせていただいてもよろしいでしょうか

社会に出て歯食いしばっていろいろ耐える倉持…敬語を正確に使える倉持…僕って言ってる倉持…

電話対応テンパリすぎて「恐れ入り申すが」とか「承知いたしまする」とか崩壊した敬語を連発しまくってたら今日ついにお客様から「あの武士の子いる?」って電話かかってきたでござる切腹したい。 hachiko_sh

[定期] 国語力の低さでタメ口と敬語がごちゃごちゃになるのは許して下さい。

『覚えておきたい丁寧語』

する→いたします
ある→ございます
あっち→あちら
こっち→こちら
そっち→そちら
きのう→さくじつ
きょう→ほんじつ
あした→みょうにち
兄弟→ご兄弟
子ども→お子さん

このアカウントだけで、就活はもちろん社会に出ても使える敬語を完全マスター!

ジルちゃんはやんちゃでよく寝るキリキザンの女の子だよ!見た目はかわいいけど、いつも仏頂面で頭のおかしいムキムキの腐女子なんだ。変な敬語で喋るけど、本当は元ヤンだから言葉づかいを隠すために徹底してるみたいだよ。

「お伺いします」「お伺い致します」どっちが正しい?

「お伺いします」「お伺い致します」「お伺いさせて頂きます」の3つの使われ方を良く目にしますが、実はどれも誤りなのです!
正しくは「伺います」なのです!

「お伺いする」が間違い敬語である理由は、「行く・尋ねる」の謙譲語「伺う」に謙譲語「お~する」「お~いたす」「お~させていただく」を併用しているから。これを二重敬語といい、マナー違反。正しい敬語は「伺います」です。

-未分類

×
CLOSE
CLOSE