『亀田興毅に勝ったら1000万』ヘッドギアとグローブが挑戦者に不利とネット民の話題に


▼Abema TVが格闘技イベント『亀田興毅に勝ったら1000万』を企画

インターネットテレビ放送局Abema TVが開局1周年記念番組として5月7日(日)に放映する格闘技イベント『亀田興毅に勝ったら1000万』の調印式・記者会見が、1日(月)都内にて行われた。

この番組は元WBA世界ライトフライ級王者・元WBC世界フライ級王者・元WBA世界バンタム級王者・亀田興毅への挑戦者を募集し、1人につき3分3Rずつのボクシングルールで亀田に勝ったら1000万円の賞金が与えられるというもの。

挑戦者は一般人、ヤンキー、ホスト、外国人、オタク、元○○など立場は問わず、我こそは腕に自信ありというなら誰でも構わないとのことで広く挑戦者を募った。

▼試合時間は1試合3分3ラウンドの「ボクシングルール」で対決 亀田と挑戦者はともにヘッドギアを着用して戦う

亀田と挑戦者はともにヘッドギアを着用して戦う。これは挑戦者が素人であることと、バッティングを防止するため。

▼1週間で2000人以上の応募があり、その中から4人が選ばれた

1週間の期間で2000人以上の応募があり、その中から選ばれたのは4人。

歌舞伎町ホストクラブの支配人・神風永遠(年齢非公開)、現役高校教師・松本諒太、51万人の登録数を誇る人気ユーチューバー・ジョー(25歳)、北関東最大の暴走族の元総長・ユウタ(33歳)。

選考基準は「亀田と戦いたいという熱意が最も強い」ことが伝わったというもの。

また、より多くの挑戦者にチャンスを与えるべく4名と戦うことになったため、プロボクサー、プロ格闘家は除外された。

▼亀田興毅と暴走族の総長ユウタは調印式でも「ここでやんのか?」と一触即発に

挑戦者として4番目に登場したのは、“伝説の喧嘩師”として紹介された元・北関東最大の暴走族の総長ユウタ(33歳)。

入場するなり亀田の前に仁王立ちとなり、1分近くのにらみ合いを展開した。

会見後の写真撮影では、亀田の方からフェイス トゥ フェイスのにらみ合いを展開。

なかなか目を離さない亀田に、ユウタは「なんだ? ここでやんのか?」と凄み、一触即発の不穏な空気に。両者の間にスタッフが割って入った。

▼亀田興毅に勝ったら1000万円チャレンジの全試合結果

第一試合 亀田興毅 vs ホスト 神風永遠 1R KO

1人目は“けんか無敗の最強ホスト”神風永遠氏。軽快なフットワークでパンチをかわした興毅氏に左フックで沈められ1回KO負けした。

第ニ試合 亀田興毅 vs YouTuber ジョー 3R TKO

2人目はYouTuberのジョー。ボクシングの経験者とあって3回まで耐えるなど大善戦したが、TKO負けした。

第三試合 亀田興毅 vs 高校教師 松本諒太 2R TKO

3人目は三重県の高校教師・松本諒太氏。重いパンチを繰り出した興毅氏を脅かしたが、2回TKO負けした。

第四試合 亀田興毅 vs 元暴走族総長 ユウタ

-未分類

×
CLOSE
CLOSE